iOS向けGoogle Readerクライアント:SylfeedよりもBylineの方が好み

スポンサーリンク

iOS向けのGoogle Readerクライアントとして、最近『Sylfeed』がやたらと評判なので、購入して使い勝手を試してみた。

SylfeedのダウンロードはAppStoreより

Sylfeed 2.1.0(¥170)

カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: GACHANET – GACHANET(サイズ: 2 MB)

普段使っているGoogle Readerクライアント『Byline』と比べると、

・エントリの一覧でFaviconが表示されて視認性が良い (←これはかなり羨ましい)
・細かな設定カスタマイズが可能
・多くの外部サービスと連係が可能

といったあたりが、Sylfeedのメリットと思うんだけど、『短時間で大量のエントリをザクっと読みたい』という僕の用途では、エントリ間をフリック入力で遷移できて、簡単にStarがつけて、じっくり読むものとタイトルとサマリーだけ見るエントリを短時間で分別できるBylineの方が利便性が高くて、やっぱりiOSで使うGoogle ReaderクライアントはByline。というのが個人的な評価(^ ^;
⇒Google Readerに登録してあるフィードの数が800件を越えていて、割と多い方だと思うので、さほど登録フィード数が多くなくて、1エントリをじっくり読む。という場合の使い方とは異なるとは思う(^ ^;

とはいえ、Google Readerクライアントとしてよさげなアプリケーションが登場した。という点では今後が楽しみだったりするので、今後に期待したいなと。
かつては有料アプリのみで提供されたていたBylineだけれど、現在は無料版(広告あり)も登場しているので、『ちょっと試してみる』ためのハードルは低くなっており、個人的にはシンプルでiOS向けでは一番使っているGoogle Readerクライアント。

Byline Free 4.0.3(無料)

カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
販売元: Phantom Fish – Milo Bird(サイズ: 1.9 MB)