スカイマーク片道980円:成田⇒那覇 SKY 853便 搭乗記

スポンサーリンク

『片道980円チケット』で成田⇒那覇への移動でスカイマークのSKY 853便に搭乗したので搭乗記。
*成田⇒旭川と同じく、今回も980円/片道の『Webバーゲン』を購入する事に成功していた。入手の詳細については、以下エントリにて。
スカイマーク:成田⇒那覇 980円/片道でチケットゲット! | shimajiro@mobiler

■搭乗した飛行機
便名:SKY 853
区間:成田(NRT) ⇒ 那覇(OKA)
機材:B737-800
区分:エコノミー Webバーゲン(980円)

■成田空港 第二ビルターミナル スカイマークチェックインカウンター

■搭乗したSKY 853 成田⇒那覇を横から撮影

■この日の機材はB737-800

B737-800はスカイマークの旭川⇔成田と同じ。

■シートは3列 * 2のタイプ

成田⇔旭川線で利用したシートよりも新しくてキレイだった!これは嬉しい(^ ^)
*但し、復路に利用したスカイマーク 856便は旭川⇔成田で登場したブルー基調の古い感じのするシートだった。

飛行時間は約3時間30分で、着陸までの間に食事などのサービスは特になし。
⇒個人的には、食事を食べるとトレーを回収に来るまでテーブルが使えなくなって、読書するにもPCを触るにも不便なので、基本的には飛行機内での食事なしのほうがありがたかったりする(^ ^;
*まぁ、機内食ありの場合でも断るという選択肢もあるとは思うけれどやった事はない。

離陸後に機内販売されるソフトドリンクは100円と、至ってフツーの値段なので、離陸前に買い忘れた場合や機内で何か飲みたくなった場合に機内で買うのも許せる価格(^ ^;

980円/片道という『Webバーゲン』での圧倒的な安さで話題を広げながら、欠航時に他社便への振り替えなどができないということで、少々リスクの高いスカイマークだけれど、幸いにも今のところ特に問題が発生することは無くて快適に利用させて頂いている。

当然、欠航などのトラブル発生時は大変な思いをすると思うので、どうしても外せない用事の場合に、スカイマークの成田シャトルを利用するのは難しいとしても、旅行などなどのレジャー用途であれば、万が一欠航しても『ま、仕方ないか。』というキモチで諦めがつくし、そのリスクも含めた価格設定。と考えて割り切って利用するのが良いかなと(^ ^;

スカイマークが『成田シャトル』として成田拠点の国内線に参入してから、欠航となったのは11月8日の一度のみなので、多少の遅延などはよくあるけれども、致命的な影響を受ける確率はさほど大きくないんじゃないかなぁ・・・というのが、個人的な感想。
※スカイマーク便での単純往復じゃなくて、乗り継ぎがある場合は遅延でも大きく影響を受ける事も考えられるけれど…。

この日の搭乗率はだいたい60%ぐらいだった。土日でこの搭乗率って大丈夫かなぁ…?とちと心配になったり(^ ^;