Twitter公式のツイート埋め込み機能を使い始めてみた

スポンサーリンク

Twitterが新UIに変更したのに伴い、Blogへのツイート埋め込みに対応するようになったので、従来使っていたWordPressプラグイン『BlackBirdPie』からTwitter公式のツイート埋め込み機能に変更してみた。

Twitter公式のガイド(英語)は以下より。
Embedded Tweets | Twitter Developers

■Embed Tweetの使い方
twitter.com にアクセスして、以下のメニューから、必要なHTMLを出力し、エントリ中のツイート埋め込みをしたい箇所に貼り付ける。言語設定によってメニュー表記が違うので日本語/英語を表記しておく。

[日本語の場合]
ツイートを選択 > 開く > 詳細 > このツイートをサイトに埋め込む >HTML

[英語の場合]
ツイートを選択 > Open > Details > Embed this Tweet > HTML

■変更後 – Twitter公式のツイート埋め込み機能

■変更前 – BlackBirdPieを使ったツイート埋め込み

手軽さで言うと、BlackBirdPieの方がブラウザに表示されているURLをエントリ中に貼り付けるだけなので手間は少ないものの、BlackBirdPieを使ってツイートを引用した場合は、不要なスペースが入ってしまっていたのが、公式のツイート埋め込み機能では、よりスッキリとしたデザインでツイート埋め込みができるようになった(^ ^)

ショートコードでの貼り付けも試してみたけれど、自分の環境では動作しなかったので、HTMLでのコード貼り付けを利用する事にしてみた。