UQ WiMAX:都営三田線 大手町駅をエリア化

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズが提供する『UQ WiMAX』サービスが、都営三田線の大手町のエリア化を完了したことが発表された。

ケータイWatchでの紹介記事は以下。
都営地下鉄大手町駅でUQ WiMAX、設備を公開 – ケータイ Watch

UQコミュニケーションズは、都営地下鉄三田線の大手町駅において、データ通信サービス「UQ WiMAX」が利用可能になったと発表した。あわせて同社では26日、報道関係者向けに駅構内の無線設備を公開した。

都心の移動に便利な地下鉄だけれど『トンネル間ではいかなるキャリアの電波も届かない』という電波難民な状態になるため、最近は極力地下鉄での移動を避けていたのだけれども、そんな心配もあと数年したら無用のものになりそう(早くなって欲しい!)

地下鉄のトンネルが圏外であるが故に、『調べたい』と思ったことをすぐに調べられなかったり、外部との連絡がとりにくい状態になる不便があったけれど、それらが解消されると思うと、一刻も早くエリア化して欲しい。という思い。

日本国内の地下鉄で言うと、福岡の地下鉄はトンネル内も含めてエリア化されている(実際に行った事は無いけれど…)という事なので、この部分では東京が福岡や海外の都市に通信インフラ面で負けていたポイントで、地下鉄トンネル内のエリア化に向けて長い時間を要したけれど、やっと都内の地下鉄でも携帯電話が使えるようになる。というのは本当に嬉しい(^ ^)

都内の地下鉄駅の携帯電話などのエリア化という動きもあって、以前だったら絶対にあり得なかった『最寄り駅が地下鉄駅』に引っ越しをした。という事情もあって、