GALAXY S2 LTEのSIMロックを解除してきた

スポンサーリンク

12月初旬に購入したGALAXY S2 LTEのSIMロックを、ドコモショップで解除してきた。

■SIMロックを解除したGALAXY S2 LTE

*但し、SIMカードを挿さずにフライトモード + Wi-Fiで運用している。

■SIMロック解除に必要となるもの
・本人確認書類
・ロック解除手数料 3,150円/1台 ⇒ ショップ店頭で支払い

今回は本人名義で契約している端末のSIMロックを解除したけれど、本人名義で契約していない(例えば白ロムで入手した端末など)でも、恐らくSIMロックの解除は可能なハズ…。
⇒実際にやったことがある方いらっしゃいましたら、情報いただけると嬉しいです。

docomo端末のSIMロック解除はこれまで数度経験したけれど、今回はなぜかSIMロック解除用のSIMカードを入れて起動しても、解除コードを入力する画面が表示されない状態となり、ドコモショップ店員さんが不思議そうな顔をしていたので、

『フライトモードに設定しているため、モバイルネットワークからの電波を掴まずに、SIMロック解除モードに移行しないものと思われる』

という旨を伝えて(多分あんまり伝わらなかった)、こちらでフライトモードを解除したら無事にSIMロック解除モードになって、SIMロックを解除することができた(^ ^;

SIMロック解除の手続きはドコモショップ店頭でのみ受付けており、ロック解除に必要な時間は数分。注意事項の説明を含めて長く見積もっても15分あれば余裕で終わるし、料金的にも良心的な値段で解除することが出来るので、年末年始に海外旅行に行く方は今からSIMロックを解除しておく。と言うのもありかと思う。(ただ、現地でのSIMカード入手&設定の方がハードルが高そうだけれど…)

これまでにSIMロックを解除したdocomoの端末は下記。

■SIMロック解除を行ったことがあるdocomo端末
・GALAXY S2 (スマートフォン)
・F-09C (iモードケータイ)
・L-09C (モバイルWi-Fiルータ)
・GALAXY S2 LTE (スマートフォン)

iモードケータイ/スマートフォン/データ通信端末と幅広くSIMロックを解除している(^ ^

端末の種類によってそれぞれロック解除方法は異なり、iモード端末のF-09Cは電話機をショップの端末とケーブルで接続して解除コードを入力、スマートフォンの場合はSIMロック解除用のSIMカードを入れて、端末毎に払い出しされるロック解除コードを入力、データ通信端末(L-09C)の場合は一度メーカーへ送付した上でSIMロックを解除し、後日受け取る。という形式だった。

『海外でも国内で利用してる端末と同じ端末がそのまま利用できる』という点で、国際ローミングで通信するよりも圧倒的に安い現地回線を利用する事が出来るSIMロック解除の手続きは、頻繁に海外で携帯を利用する利用者にとっては非常に嬉しい(^ ^)
⇒とは言え、何年かに一度だけ旅行で利用する。と言うような使い方の場合は、現地でのSIMカード入手や設定の手間を考えると、国際ローミングでもパケット通信料が定額になるし、Wi-Fiルータのレンタルサービスなんかもあるので、そちらでも十分なんでは無いかとは思っている(^ ^;

海外ローミングのパケット通信料の定額適用だったり、docomo端末でのSIMロック解除対応だったりと、これまで日本で販売されているケータイを海外で使う際に大きなハードルとなっていたポイントが、ここ数年で一気に解決されていくのは本当に有難い(^ ^)

2011年は海外へ行く機会が多かったので、そんな事を肌で実感することが出来た1年だっ。来年も色々と飛べるといいなー。