GP02/GP01/C01HWでスピードテストを行ってみた

スポンサーリンク

EMOBILE G4対応で日中の都内ではもしかしたら一番快適かもしれない『EMOBILE G4』対応のGP02を使う機会が増えてきたので、GP02/GP01/C01HWのスピードテストを行ってみた。
*利用した回線は、EMOBILE G4契約のイー・モバイル回線

■検証環境
使用PC:MacBook Air 11インチ Core i7(2011年モデル)
検証時刻:2012/1/15(日) 16:15~16:30ぐらい
検証場所:自宅(東京都新宿区某所)
検証方法:Speedtest.netにて5回ずつテスト実施

■検証端末とスペック
GP02:下り最大 42Mbps/上り最大 5.8Mbps
GP01:下り最大 21Mbps/上り最大 5.8Mbps
C01HW:下り最大 7.2Mbps/上り最大 5.8Mbps

■結論
下り通信速度:GP02が平均値で2倍以上の差をつけて高速
上り通信速度:GP02/GP01に対してC01HWが高速
PING応答速度:GP02が若干早いが、有意な差は見られず。

■下り通信速度

下り通信速度は予想通り、下り最大42Mbps対応のGP02が、GP01/C01HWに対して平均値で2倍以上の差をつけて高速。という結果になった。

GP02が高速なのは予想通りだけれど、GP01とC01HWがほとんど差が生まれなかったのは意外。時間帯を変えたりするとまた違う結果になるかもしれないけれど、今回のテスト結果としてはGP01とC01HWの下り通信速度に有意な差は見られなかった。

■上り通信速度

上り通信速度では、意外にもGP02/GP01よりもC01HWが高速という結果になった(^ ^;

端末スペック上は、GP02/GP01/C01HWもHSUPA対応で上り最大5.8Mbpsでスペック上の差は無いのだけれど、今回のスピードテストではC01HWが優秀な結果。まぁ実際にはほとんど変わりが無いのかな…。

■PING応答速度

PING応答速度では有意な差は見られず、気持ちGP02の応答速度が速い程度の結果になった。

今回検証をしたかったのは『GP02の下り通信速度がGP01/C01HWに対して高速化どうか』だったので、そういう意味では当初の目的を達成する事ができた。

イー・モバイルのGP02は二年間契約で通常5,980円の月額料金が3,880円/月で利用可能なキャンペーンを実施中で、都内の日中での利用に限定すると、実はdocomoのXiに匹敵するような最大速度(遅延はXiの方が地位足)が出たりするし、地下鉄でも通信は可能なので地下鉄を含めた利用だとWiMAXよりも(現時点では)使い勝手が良かったりするので、最近はあまり元気が無いけれどオススメできる製品&サービスだと思っている(^ ^;

イー・モバイルのオンラインストアでのGP02販売は以下ページより。
イー・モバイルの「Pocket WiFi(GP02)」(イー・モバイル オンラインストア)

コメント

  1. SUL より:

    いつも参考になります m(__)m
    で、最近思うんですが、「ネットの快適性の評価としてスピードテストの結果以外の指標はないか?」ということ。具体的に書くと、スピードテストは良好でもYouTubeの動画が詰まった感じの動作になったりするような場合に、もっと他の評価方法でモバイルルータの良し悪しを評価する必要があるのではないかなぁと思うのです。
    でも、何がいいのか、アイディアが無くて困っていますが ^^;
    もう1つは速度は一体どの程度まで必要なのか、ということです。今回のGP02のGP01もいつものように「ベストエフォート」にはもちろん遠く届かない差があって5Mbpsか2~3Mbpsかの差異なので、その差が実際のアプリ(YouTubeなど)でどれだけの恩恵として実感できてコスト対費用効果があるのかなぁ?ということです。
    是非shimajiro先生の見識(?)を伺いたいところです。

    うーん、硬いコメントですね(汗)。またよろしくお願いします!

    • shimajiro より:

      >>SULさん

      どうもありがとうございます。
      スピードテストはおっしゃるとおり、万能ではなく、一つの指標にすぎませんので、speed.net以外のスピードテスト以外にも、

      ・容量の大きなファイルのダウンロードにかかる時間
      ・YouTubeの動画ファイルを取得するのにかかる時間

      なんかを測定してみようかなぁ…とは思っています(^ ^)
      その他良いテスト項目あったらコメントいただければ嬉しいです~。