WM3500Rのファームウェアバージョン4.0.0公開:WiMAX接続性を向上

スポンサーリンク

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータとして初めて8時間を越える連続稼働時間を実現した『WM3500R』の最新版ファームウェアVer 4.0.0が公開されている。

WM3500Rのファームウェアダウンロードは以下より。
AtermWM3500R|ソフトウェア|ダウンロード|AtermStation

更新内容としてはWiMAXの接続性の向上とのこと。

更新内容
WiMAX接続性を向上しました。

2010年11月に発売されたWM3500Rは、当初のバージョンではオンラインサインアップがまともに使えない状態で発売された後、何度かファームウェアアップデートを繰り返して完成度を高めていった実績がある製品なんだけれど、後継機であるWM3600Rが発売されてからもファームウェアのアップデートがされているのは好感が持てる(^ ^)
⇒WM3500R向けにアップデートをかけた。というよりも、実際には、WM3600R向けのファームウェアを一部流用して、WM3500Rに適用した。という流れなのかなぁ…。と推測。

まだ実機にインストールして確認は行っていないけれど、ファームウェアのアップデートによって、移動中の通信の接続性が改善した!という報告も見かけているので、WM3500Rを使用中だけれど、新発売のWM3600Rを買おうと考えている方はいちどWM3500Rのファームウェアのアップデートを試してみてから。というのも悪くない選択肢かもしれない。

WM3600Rでは、高速移動時のWiMAX通信がだいぶ改善されているので、それがソフトウェア的な要因なのであれば、WM3500Rのファームウェア4.0.0でもある程度改善されている事にも期待は出来るので。
(WiMAXハイパワー対応などの面もあるとは思うけれど…)

WM3600Rを単体購入するならBIGLBOE WiMAXのキャンペーンがオススメ。
「BIGLOBE WiMAX」新端末発売 Web広告限定お申し込み特典

WM3600R + URoad-Homeというセット販売でも端末代が5,800円というキャンペーンを、UQコミュニケーションズ本家が(楽天市場店で)行っているので、URoad-Homeも。という方はこちらも。
【楽天市場】【公式】UQ WiMAX(ワイマックス)