DropboxがWebブラウザへのドラッグ&ドロップでファイル追加が可能になってる

DropboxがWebブラウザからのドラッグ&ドロップでファイルを追加する事が可能になっている。

DropboxのBlog(英語)による紹介は以下。
The Dropbox Blog » Blog Archive » Drag and drop it like it’s hot!

Wanna see something awesome? If you use Chrome, Firefox, or Safari, you can now upload files by dragging them from your desktop onto the Dropbox website.

実際に体験してみると、Webブラウザの中のdropbox.comを表示しているページにファイルをドラッグ&ドロップでファイルを追加できるのはかなり便利(^ ^)

特に、Dropboxのアプリケーションをインストールしていない環境からファイルをアップロードするような場合に、Webブラウザ上に表示されているDropboxの中にファイルを放り込む事ができるのはシンプルでカンタン。

Webブラウザの高機能化などなどによって、専用のアプリケーションの使い勝手と同じような体験をWebブラウザで実現できるようになってきたんだなぁ…てなことを実感。

残念ながら、僕がメインで使っているWebブラウザのOperaには非対応とのことなので、僕自身はそれほど使う事はなさそうだけれども、先日の紹介ボーナスの2倍だったり、Dropboxには嬉しい機能追加が続いている。
関連エントリ:Dropboxへの招待で増加する容量が1ユーザあたり500MB/上限が8GB⇒16GBに拡大 | shimajiro@mobiler

Dropbox – オンラインファイル同期ツール
*上記リンクから登録すると、通常無料で利用出来る2GBに+500MBのボーナスがつきます。(オイラにも)