mHotspot MonitorがURoad-SS10に対応!

モバイルWi-FiルータのステータスをAndroidのステータスバー上で確認する事が出来る便利ツール『mHotspot Monitor』がWiMAXの最新のモバイルWi-Fiルータ『URoad-SS10』へ対応している。

URoad-SS10では、WiMAXの電波強度が0~5の6段階取得できるので、端末のLED(3段階)よりも詳しい情報を得ることが出来るのが、地味に便利(^ ^)

mHotspot MonitorのダウンロードはGoogle Playより。
mHotspot Monitor – Google Play の Android アプリ

mHotspot Monitorのサイトから対応のモバイルWi-Fiルータを引用。
mHotspot Monitor

*EMOBILE D25HW, GP01, GP02 (Pocket WiFi)
*EMOBILE GL02P
*Docomo HW-01C
*Docomo BF-01B
*Docomo L-09C
*SoftBank C01HW (Pocket WiFi)
*SoftBank 006Z, 007Z
*Huawei E585, E586, E5832
*T-Mobile Wireless Pointer(HUAWEI E583C)
*NTT PWR-100D(F) (光ポータブル)
*Buffalo DWR-PG
*NEC AccessTechnica WM3500R
*au Wi-Fi WALKER DATA06, DATA08W
*NETWORK CONSULTING Mobile Cube
*Verizon AC30+
*Verizon MiFi 2200, 4510L
*Novatel Wireless MiFi 2352, 2372
*ShareState
*SHINSEI URoad-8000, URoad-SS10

現時点で合計28モデルに対応している…(^ ^;
モバイルWi-Fiルータの電波強度だったり、バッテリ残量がわかる(機種によって取得できる情報は異なる)アプリケーションは、モバイルWi-Fiルータを使う上で非常に便利で、Androidの場合はステータスバー上に電波強度などを表示する事で、モバイルWi-Fiルータの弱点である『端末の電波状態や電池残量が把握しにくい』という弱点をうまく解決することが出来るので、モバイルWi-Fiルータを利用する場合はオススメしたいアプリ。

mHotspot Monitor以外には、007z monitorが有名。
こちらは接続中のWi-Fiルータを自動的に判別してくれるのが便利。
007z monitor – Google Play の Android アプリ

コメント

  1. FA より:

    このアプリは便利ですよね。
    今回のSS10対応、テストに協力させていただきました(^^ゞ
    不具合の症状ごとに修正されたものをすぐに送ってくださって、
    とても好感の持てる作者様でした。

    最終版(公開アプリ)では今の所、バグはでていません。