Evernote for iOS 4.2.0が公開 ノート編集機能の改善など

スポンサーリンク

Evernote for iOSの最新版 4.2.0が公開されている。

ダウンロードはAppStoreより。
アプリケーションのダウンロードは無料、プレミアム会員になるには有料登録が必要。
Evernote 4.2.0(無料)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 20.4 MB)

Evernote for IOS 4.2.0の新機能は以下。
主にiOS 5搭載端末でのノートエディタ周りの改善がメインの印象。

バージョン 4.2.0 の新機能

iOS 5搭載iPhoneのノートエディタの大幅なアップグレードとリデザイン
• 添付ファイル機能に簡単にアクセス
• テキスト書式設定の位置を改善
• ノート情報スクリーンのリデザイン
• よりパワフルなノート編集機能

iOS 5搭載iPhoneのチェックボックス機能を改善
• チェックボックスのインデンテーションサポートを追加
• チェックボックスリスト内で新しい行を追加した際に自動的にチェックボックスを追加

添付機能の改善
• フォトストリーム画像のサポートを追加
• 音声レコーダーのリデザイン

ノート編集設定
• 自動タイトルを無効にする設定
• カメラロールへの自動保存を無効にする設定

その他多くの不具合修正と改善

個人的には、(アプリケーション側の問題では無くOS側の問題だけれど)ウィジェットに非対応なEvernote for iOSでは、テキストを記録する事はそれほど多くなくて、モバイル端末で言うとAndroid端末からの方が入力は多いけれど、今回の修正のようにノートの編集機能が改善されて便利になれば、iOS端末からの文字入力の機会が増えるかも。という点には少々期待。

Evernoteがサービスとして好きな理由の一つに、地味ながらも編集機能の使い勝手改善だったり、サービスの高速化だったり、こちらのエントリで紹介している、日付/時刻挿入のショートカットへの対応が追加されていたりと、細かい部分でも改善が継続されて使いやすくなっているという点がある(^ ^)

そんなわけで、試行錯誤を繰り返しながら使ってはいるけれど、Evernoteは便利なツール。
最近よく思う要望としては、ノート数が多いと初回の同期に時間がかかるし、インターネット経由だけでは無くて、ローカルネットワークの中でEvernoteの同期が可能になったら便利そうと思うんだけれども、難しいのかなぁ…
※サービスの性質上、ローカル側だけでなく、データはサーバ側で処理した後に各クライアントで同期するという点は理解しつつだけれど。