WM3600Rに公衆無線LANサービスを複数追加していくと面白い

スポンサーリンク

4月下旬に公開された、WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ『WM3600R』のファームウェア更新により、Wi2プレミアムへの対応などが行われている。
関連エントリ:WM3600Rが初のファームウェア更新!Wi2プレミアムへの対応など | shimajiro@mobiler

で、WM3600Rのファームウェア更新をきっかけに、Wi2プレミアムを契約してWM3600Rの公衆無線LANの接続設定を行って使っているのだけれど、Wi2プレミアムの利用可能エリアや通信速度についてはさておき、WM3600R側で接続可能な公衆無線LANサービスを追加していくと、結構面白いなと言うことに気づいた(^ ^)

というのも、公衆無線LANの対応サービスを増加させる事で、普段はWiMAXに繋がっているWM3600Rが、より通信速度が速い(そうとも限らないのも事実だけど)公衆無線LANに接続可能なエリアが広がっていくのは、WiMAXの地下鉄駅やトンネルのエリア化みたいに、これまで通信が利用出来なかったエリアで通信ができるようになるのに近いワクワク感がある。
⇒実際、WiMAXの電波状況が良くないお店の奥の席でも公衆無線LANなら問題無く使える。というケースは良くあるので、対応する公衆無線LANが広がって行くのは結構楽しい。

ただ、公衆無線LANの利用については以下のような問題もあるので、一概に『複数の公衆無線LAN登録によってハッピー』とはならないのもまた事実(^ ^;

・公衆無線LANサービスの追加設定がそれなりに面倒
・公衆無線LANサービスが必ずしもモバイル回線より高速とは限らない
・複数の公衆無線LANサービス契約によってコストが高くなる

最近はモバイルWi-Fiルータよりも、スマートフォン + 公衆無線LAN接続用アプリの組み合わせによって、モバイル回線 ⇒ Wi-Fi経由へのオフロードが進みつつあるけれど、ユーザの料金的なコスト負担だったり、設定の手間が無くなった上で、対応エリアが拡大して、通信速度が快適であれば、公衆無線LAN経由での接続数は一気に増加するんじゃないかなぁ。とか思ったり。
⇒接続数が一気に増加した結果、通信速度の低下。というのも十分あり得るシナリオではあるけれど…(^ ^;

WiMAXのMVNOによる、WM3600Rの5月中のキャンペーン内容は以下。
5月のキャンペーンでは、クレードルセットで1円で販売している@niftyがオススメ。

■前提条件
契約条件:新規契約でUQ Flat年間パスポートを契約する場合
購入端末:WM3600R
そ の 他:各ISPと既存契約は無いものとする (ISP料は発生するものとする)

■WM3600R キャンペーン内容比較

事業者名 BIGLOBE WiMAX So-net @nifty WiMAX
端末代 0円 0円 1円
クレードルセット 1,995円 2,780円 1円
契約事務手数料 2,835円 0円 0円
通信料金(月額) 3,591円/月 3,590円/月 3,591円/月
ISP代(月額) 210円/月 210円/月 262.5円/月
登録月の通信料 無料 無料 無料
※@nifty入会月と同時契約の場合
年間契約時
解除料金
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
1年目:9,975円
2年目以降:5,250円
解約後の他事業者との契約 可能 可能 不可
キャッシュバックなど ■最大 12,000円 キャッシュバック
サービス開始月を1カ月目として、3カ月目の末日まで契約を継続した場合、Webアンケートに回答で7,000円キャッシュバック
さらに、14ヶ月目の月末まで利用を継続すると+5,000円キャッシュバック
■最大 10,000ポイント付与
申し込みから4ヶ月後の月末時点で対象サービスの利用開始が確認できた場合、So-netポイント10,000ポイント付与
■最大 5,000円キャッシュバック
利用登録月を含む9カ月目に、@nifty WiMAX Flat 年間パスポートを契約継続している場合、5,000円キャッシュバック
キャンペーン期限 2012年5月31日迄 2012年5月31日迄 2012年5月31日迄