ゴールドコーストで使うモバイルWi-Fiルータをレンタルしたのでレビュー

スポンサーリンク

前回のクアラルンプール旅行と同じく、ゴールドコースト旅行でもテレコムスクエアさんからモバイルWi-Fiルータを無償レンタルさせて頂く事が出来たのでレビュー。

■今回滞在したのはオーストラリア ゴールドコースト
2012 07 16 06 26 07
※滞在したサーファーズパラダイスのホテルからの朝日

ゴールドコーストでのWi-Fiルータレンタルは1,200円/日

まずは料金について。ゴールドコースト向けのモバイルWi-Fiルータのレンタルは1,200円/日となっており、ケータイキャリアが提供する海外でのパケット定額サービスの2,980円/日と比べると半額以下で利用する事が可能。

仮に、現地で4泊5日利用する場合、
・テレコムスクエアのレンタルの場合:1,200円 * 5 = 6,000円
・海外ローミングで通信した場合:2,980円 * 5 = 14,900円
docomoなどが提供する海外ローミングと比較して、5日間で約9,000円の差になる。

テレコムスクエアのレンタルサービスの特長としては、空港での受取&返却の手数料が無料。
という点があり、同じくモバイルWi-Fiルータなどのレンタルを行っている他社の場合、利用料金とは別に、空港での受取&返却に手数料が発生する事が多くて、料金的には見落としがちなので注意。

テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルータのレンタルは、現在台湾向けのレンタルが500円/日というキャンペーンを展開しているので、台北に旅行予定のある方は要チェック。

台湾向けのモバイルWi-Fiルータが500円/日 夏の”ワンコイン”キャンペーン(テレコムスクエア)

成田空港 出発ロビーでレンタル用の端末受取

前回は自宅に端末を郵送して頂いたけれど、今回は成田空港内にある出発ロビーで端末を受取した。
2012 07 12 17 52 51
端末の受取は10分程度で手続きが完了。カウンターは混雑していなかったけれど、混雑している場合は早めに空港に行くなどの準備をした方がベター。

返却の時に気づいたけれど、成田空港内には

端末の受取:出発ロビー
端末の返却:到着ロビー

にそれぞれテレコムスクエアのカウンターがあるので、出発前と到着後にムダな動きを発生させる事無く、受取&返却が出来るのは便利に思った。
特に荷物が大きい(今回はゴルフバッグが重かった)場合は、ムダな動きを極力小さくする事が出来るのは有り難かった。

今回レンタルした端末はMiFi 2352とZTE MF60

今回レンタルした端末は、以下の二台。

Novatel:MiFi 2352
ZTE:MF60

本当は、以前買おうと思っていたMiFi 2352の方をメインに使おうと思っていたけれど、実際に現地で使ったのは、端末のディスプレイ上に状態がわかりやすく表示されるMF60の方で、MiFi 2352の方はほとんど使う事が無かった(^ ^;

2012 07 12 19 38 03
※写真左がMiFi 2352/右がZTE MF60

レンタルのモバイルWi-Fiルータは基本的には『初めて使う端末』なので、端末の状態をLEDの色で判断しなければならないMiFi 2352よりも、MF60の方が扱いやすかった。というのは結構大きな違いになるんじゃないかと思う。

現地ではOputsの回線に接続

お借りしたモバイルWi-Fiルータは、現地ではOptusの回線に接続されていた。
※MiFi 2352でも同じかどうかは不明

2012 07 13 06 47 20

ゴールドコースト国際空港でスピードテスト

Ping 77ms/下り 2.03Mbps/上り1.66Mbpsの結果
2012 07 13 06 48 48

空港でのスピードテスト結果はそれほど良くなかったけれど、現地では移動中の回線の他に、ホテル客室内ではPC用の回線としても利用したけれど、通信速度の面で不満を感じる事は無かった。

これは、ZTE MF60の通信速度が下り最大で21Mpbsに対応しており、前回クアラルンプール旅行でお借りしたMF30よりも速い速度に対応していることが原因の一つと思う。

現地到着後すぐに使えるのが便利

レンタルのモバイルWi-Fiルータが、現地でのプリペイドSIMの入手と比べて便利なのが『現地に到着後すぐに使える』という点で、当然空港のターミナル内でも使う事が出来るし、空港からホテルに移動中にマップを表示させながら、到着時間の目処を立てる事も可能だし、タクシーの運転手にホテル名を伝えたりするのもカンタン。
※ホテル名などが書かれたバウチャーを紙でプリントアウトしておけば良いんだけれど、我が家にはプリンターが無いのでプリントアウトは基本的に手間が大きいので(^ ^;

ホテルまでの移動にGoogleMapsでナビを使ってみた
2012 07 13 07 25 23

GoogleMapsで地図やナビを表示させながら、Skype経由で宿泊予定のホテルに電話発信するというような使い方も可能なのがレンタルのモバイルWi-Fiルータが『到着後すぐに使える』事によるメリット。

特に、初めて行く国や都市で、プリペイドSIMの入手に不安がある場合や、プリペイドSIMの開通までに時間がかかる場合は『到着後すぐに使える』事のメリットが大きい。

今回の行動範囲は全域で3Gエリア

今回のゴールドコースト滞在は基本的にゴルフしかしておらず、移動距離は全体的にかなり短いのだけれど訪れたエリアは全域3Gのエリアで、通信速度が極端に落ちたり、圏外になったりする事は無く、全体的に通信は快適だった。

[今回訪れたエリア]
サーファーズパラダイス〜ゴールドコースト国際空港の間
サーファーズパラダイス(ホテル)
エメラルド・レイクス(ゴルフ場)
コロニアル(ゴルフ場)
グレイズ(ゴルフ場)

参考までに、Optusのエリアマップは以下にて公開されている。
Mobile Network Coverage – Optus
Mobile Network Coverage  Optus

PCの回線としても利用が可能

ゴールドコースト滞在中の回線としては以下の二つを契約したけれど、両方ともPCと接続しての利用は不可能だった。入手した回線とそれぞれのエントリは以下。

(1)現地で契約したOptusのプリペイドSIM
関連エントリ:ゴールドコースト:$2/日で国内通話&インターネット使い放題のOptusのプリペイドSIMカードを購入してみた | shimajiro@mobiler

(2)Telstraの4GプリペイドUSBモデム
関連エントリ:オーストラリアでTelstraの4GプリペイドSIM + USBモデムを購入してみた | shimajiro@mobiler

前者のOptusのSIMカードは
・開通が申込の翌朝になると言われた&なぜかGALAXY S3(SC-06D)で使う事が出来ない
・開通が完了した後も、テザリングの利用は不可能

■OptusのプリペイドSIMカード:テザリング利用はNG
2012 07 14 13 51 17

後者のTelstraの4GプリペイドUSBモデムについては、
・MacBook Air2012(OS X Lion)には対応していないようで、通信する事ができなかった

という、より大きな問題があって、結果的にPC(MacBook Air)で利用可能な通信手段は、テレコムスクエアからレンタルしたモバイルWi-Fiルータのみ。という状況になっていた(^ ^;

前者のOptusのプリペイドSIMについては、テザリング利用ができない事を事前に理解していたけれど、Telstraの4Gプリペイド USBモデムがMacBook Air2012で使えないというのは完全に想定外だったので、($129支払って!)このモデムが使えなかった時、モバイルWi-FiルータがあってPCでも通信が出来る事が非常にありがたかった。

ちなみに、Telstraの4Gプリペイドに対応した製品として、僕が行ったタイミングではUSBタイプのモデムしかなかったけれど、モバイルWi-Fiルータタイプのものも発売されている模様。お値段は$169と、USBモデムと比べてそれほど高くは無い。

Telstra – Wi-Fi 4G Mobile Broadband Pre-Paid
※USBモデムがSIMロックされていると言っていたので、こちらのWi-Fiルータも恐らくSIMロックされていると思われる。

まとめ:モバイルWi-Fiルータレンタルは安心&便利

今回、モバイルWi-Fiルータのレンタルで実感したのは、現地プリペイドSIMの入手と比べて、モバイルWi-Fiルータのレンタルは非常にカンタンで、現地で入手するプリペイドSIMは、開通が翌日になるとか、スマートフォンでは使えるけれどテザリングには利用が不可というような問題があったりと、金額的には安くなる事も多いプリペイドSIMの入手には諸々ハードルがある事もあるけれど、モバイルWi-Fiルータのレンタルは、それらの心配をする必要が無くて、現地で非常に心強い通信手段だった。

特に、前回のクアラルンプール旅行で宿泊したホテルは、客室内ではホテルのWi-Fi経由でインターネットを利用する事が出来ていたけれど、今回宿泊したホテルは客室内にWi-Fiなどが無く(ロビーのみ)て、客室内で利用する回線としてもレンタルのモバイルWi-Fiルータを使用していたので、前回の旅行よりも助けられた部分が大きかった。

そういう部分で、モバイルWi-Fiルータのレンタルは『あると安心』なのは間違いないけれど、『使っても使わなくても、1,200円/日』なのは『現地でプリペイドSIMを入手する前提』だと負担が大きいので『使わない時は300円/日で上限まで使ったら1,200円/日』みたいな価格設定であれば、とりあえず現地で通信手段が確保出来ない場合の保険として申し込みしておく。というような使い方が出来てありがたいんだけれどなぁ…。

海外用Wi-Fiルーターレンタル(テレコムスクエア)