バンコク滞在中に感じたケータイ事情:LINEが大人気

スポンサーリンク

今回の旅行中にバンコク滞在中に感じたケータイ事情としては『LINEが大人気』という事が一番インパクトがあった出来事で、LINEの人気を裏付けるかのように、(多分)アジア最大規模のケータイショップ『MBK』にあるショップ内でも、LINEのスタンプが有料販売されていた。

■MBKにあるショップでLINEのスタンプが販売されていた
RIMG9011

■Google Playでも上位を獲得している
Skitched 20120914 165730
※この日は無料ランキングで2位になっているのを確認。

バンコクではAndroidユーザも多いけれど、BlackBerryを使っているユーザも相当数見かけるので、、先日のLINEのBlackBerry対応は、主にバンコク(またはタイ)のユーザ向けの対応と言っても差し支えないんじゃないかと思ったり。

LINEのBlackBerry対応についてはLINE公式Blogにて。
BlackBerry版LINEの提供を開始 : LINE公式ブログ

MBKのケータイ屋の店長と親しくなったので、連絡先を交換しようとしたところ『LINE&Facebook』と言われたのも、バンコクにおけるケータイ事情として印象的な出来事で、日本発のアプリケーションであるLINEがアジアでも普及している事を実感。

コメント

  1. 名無しさん より:

    >日本発のアプリケーションであるLINEがアジアでも普及している事を実感。
    LINEの開発元であるNAVERは純粋な韓国企業ですよ。
    韓国発のアプリケーションです。