就航記念セール実施中のScootで成田 ⇔ 台北を予約してみた

10月29日から成田 ⇔ シンガポール(台北経由)に就航を発表したLCC、Scootの就航記念セールで成田 ⇔ 台北のチケットを予約してみた。

Scootのセールについては以下エントリにて。
Scootが日本就航セールを開始!成田⇔台北が約17,000円〜/往復 | shimajiro@mobiler

Scootのチケット予約はScootのWebサイトより可能。
FlyScoot.com: We’re gearing up for adventure

■予約内容&料金明細
[成田 ⇒ 台北]
航空運賃:7,000円
保 安 税: 500円
空港使用料:2,040円
座席指定料:420円
——————
合計金額:9,960円

[台北 ⇒ 成田]
航空運賃:7,000円
諸 税: 792円
座席指定料:420円
——————
合計金額:8,212円

[その他]
コンビニエンス手数料:2,200円
(大人二人分の往復なので、1区間あたり550円かも)

[支払金額合計]
38,544円(大人二人分の往復)
⇒一人当たり:19,272円/往復

普段は座席指定をしないけれど、座席指定料が420円/1区間と安かったので座席指定オプションをつけてみた(^ ^)
座席指定料だったり、成田 ⇒ 台北間の受託手荷物オプションが+800円で可能になったりと、各種のオプションはエアアジアXよりも割安な印象で、『運賃は安いけれど各種オプションを利用するとそれほど安く無い』というケースが多いLCCの中では少々意外な感じ。

成田 ⇔ 台北の往復が約20,000円という金額だけを考えると、格安航空券などなどと比べて極端に安いという事も無いかなと思うし、エアアジアXの最安価格は羽田 ⇔ クアラルンプールで往復約15,000円になる事を考えれば、Scootのセールはもう一声頑張って欲しかったという思いはあるけれど、首都圏から台北&シンガポールに就航するLCCは初めてだし、個人的には台北に行った事が無いという理由もあって、Scootには期待大(^ ^)

と言うわけで、来年早々にScootに乗って台北に行く予定。

ちょうど、台北はテレコムスクエアのモバイルWi-Fiルータのレンタルが500円/日で利用可能なキャンペーンを開催されているので、こちらをお借りしようかなと。(当然、現地SIMを契約する前提ではあるけれど、別途通信手段という事でレンタルしようかなと)

キャンペーンの詳細&申込はテレコムスクエアのWebサイトより。
海外用定額制モバイルデータ通信(テレコムスクエア)