ドコモ:Xiで毎月の通信量上限を越えた場合は当日中に速度制限が開始される

スポンサーリンク

メインで利用している音声回線(Xi契約)は、それほどデータ通信量が大きく無い回線なので、10月より提供が開始されている『Xiパケ・ホーダイ ライト』を契約しているけれど、11月は通信容量の上限である3GB/月を突破してしまったために、通信速度が128kbpsに制限されてしまった(^ ^;

最初は、通信量上限を超えた事に気付かずにいて『通信が遅いなー』と思っていたけれど、Xiエリア内でそれほど混んでいるとは思えない状態なのに、ずっと通信が遅い状態が続いたので、Android端末でデータ通信量を確認してみたところ、通信量が3GB/月の上限を超えたであろう事が予想できた。

Xiパケ・ホーダイ ライトの通信量と制限内容についてはドコモのWebサイトより。
Xiパケ・ホーダイ ライト | 料金・割引 | NTTドコモ

当月ご利用のデータ量が3GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります。

上記のWebサイトには、容量制限を越えた場合の速度制限の開始については特に明記はされていないけれど、ドコモで毎月の通信可能容量の上限を超えた場合は、制限は当日中には発動するのでご注意を(^ ^;

幸いな事に、通信容量が3GBを越えたのが月末だったために、翌日からすぐに速度制限の対象が外れたため大きな影響は無かったけれど、通信速度が制限された状態での利用はかなりストレスを感じる。

という事が解ったので、通信量が多いアプリケーションやサービスの利用は日頃から気をつける必要があるし、アプリケーションのダウンロードやアップデートなど、容量の大きな通信については、極力Xi以外のサービスを利用する。など工夫する事が必要という事を痛感した次第(^ ^;

(恐らく)Android 4.0以降の端末では、設定>データ使用量の項目から、データ通信量の合計と、アプリ毎にデータ通信量を表示する事が出来るので、気になったときにチェックしてみると、データ通信量がどのぐらいか、どのアプリでのデータ通信量が多いのかをカンタンに調べる事が可能なので、定期的にチェックしてみると良いかなと。