Xi契約数が800万件を突破/増加ペースは過去最高タイ

スポンサーリンク

ドコモのXiサービス契約数が800万契約を突破した事が発表されている。

報道発表資料 : 「Xi」(クロッシィ)の契約数が800万を突破 | お知らせ | NTTドコモ

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下ドコモ)が提供する受信時最大100Mbps1 の高速通信「Xi」(クロッシィ)®の契約数が、2012年12月16日(日曜)に800万契約を突破いたしました。

600万 ⇒ 700万契約までの間には56日間を要したけれど、700万 ⇒ 800万契約は僅か28日間で到達しており、400万 ⇒ 500万契約と並んで過去最速ペースでの増加となっている。

ドコモは11月からGALAXY Note 2などの冬モデル端末が発売開始されており、12月に入っても複数の機種が発売開始されているのに加えて、年末商戦という事もあって800万 ⇒ 900万契約の突破もかなり早いタイミングになりそう。

■Xi契約者数の増加ペース

契約数 到達日 必要日数
サービス開始 2010/12/24
100万契約 2011/12/25 366
200万契約 2012/3/18 84
300万契約 2012/6/8 82
400万契約 2012/7/22 44
500万契約 2012/8/19 28
600万契約 2012/9/23 35
700万契約 2012/11/18 56
800万契約 2012/12/16 28

ドコモは、Xiの契約数を2012年度末(2013年3月末)までに1,000万契約を目標としているけれど、このペースで増加をしていくと、この数字は余裕で達成するものと思われる。

Xiの契約数が増えるのは良いけれど、都心ではXiの通信速度が明らかに低下してきているので、10MHz対応エリアの拡大など、早急に対応をお願いしたいところ(^ ^;

ドコモは、2012年度末には東京23区内の10MHz対応基地局を700か所に増やす予定。という事を発表しているけれど、今のところ新宿駅近隣でもほとんど10MHzに繋がる事が無いので、これから3月末までに一気に拡大していく事に期待したい。

Xiの10MHz対応基地局の拡大予定については、ケータイ Watchの記事にて紹介されているので引用してご紹介。

他社には負けない――ドコモ技術陣が語るLTEの取り組み – ケータイ Watch

今後、Xi用の2GHz帯の電波は5MHz幅から10MHz幅へ増やしていく方針だ。10MHz幅対応の基地局は、2012年度末には、全国4000局(23区内で700カ所、京阪神で300カ所)になるとのことで、来年度以降も、順次、下り最大75Mbpsのエリアを拡充していく。