AdSenseを掲載するならGoogle公式『AdSenseガイドブック』は必読

スポンサーリンク

ほんの数ヶ月前まで読んで居なかった自分が言うのもおこがましいけれど、Google公式の『AdSense ガイドブック』はAdSenseを掲載するのであればゼッタイに読んでおいた方が良い。というお話。

Google公式の『AdSense ガイドブック』は以下URLにて公開されている。
AdSense をより活用いただくために – AdSense ヘルプ

冒頭の内容は比較的アタリマエというか、無難な内容が書かれているので、既にGoogle AdSense広告を掲載している場合は読み飛ばしてしまって構わないと思うけれど、自分の場合にAdSense広告の収益を改善するにあたって重要だったのは、P.43にある以下の記載。

▼ブログやニュースでは記事下が最も効果的
記事の途中、記事の真上に広告があった場合、記事を読んでいる途中で広告をクリックすることは、あまりないでしょう。 逆に、記事を読み終えて、その下に関連する広告が掲載されていれば、便利に思うことも多いはずです。ブログや ニュースサイトでは、記事の直下に広告を配置することが非常に有効です。

と書かれているので、エントリ直下にGoogle AdSense広告の配置を少し前から始めたところ、以前と比べてGoogle AdSenseの収益制がかなり改善した。

広告の掲載位置に関する最適化については、Inside AdsenseというGoogleの公式Blogでも紹介されている。

Inside Adsense – 日本語: 最適な広告位置 1 – 一般的に効果の高い配置

121229_Google_AdSense.png

※Blogエントリより広告掲載箇所に関する画像を引用。

上記のBlogエントリで紹介されている『効果高』とされている箇所に、適切なサイズでAdSense広告を設置するだけで、PV自体はそのままでも、Google Adsenseの広告収益をかなり改善する事が出来た。

Google Adsenseの最適化を行う前は、Google Adsenseの広告プログラムは自動的に広告が掲載されるので、広告掲載にあたって手間は無いし、広告クリエイティブを見て、特にネガティブな印象を受けるものもないし(一部カテゴリはブロックしているけれど)、メンテナンスもそれほど気を遣わなくて良いので楽で良いのだけれども、収益的にはハッキリ言って『儲からない』と思っていたところに、上記のガイドブックなどの内容を参考に、掲載内容を最適化してみると、AdSenseの広告効果を大きく改善する事が出来た。

Google AdSenseの規約に、

7. 守秘義務 : お客様は、 Google の文書による事前承諾を得ずに Google の秘密情報を開示しないことに同意します。 「Google の秘密情報」 には、
( a ) 本プログラムに関わるすべての Google ソフトウェア、技術、プログラミング、技術仕様、資料、ガイドラインおよびドキュメンテーション、
( b ) Google がお客様に提供する本プログラムの本件プロパティの稼働実績に関するクリック率または他の統計

という内容があるので、具体的な数字については明かせないけれど、大手のBlogサイトやWebサイトの広告表示位置などを見ても、たいてい似たような位置に掲載がされているのは、その掲載位置が収益性が高いから。と考えて間違いなく、基本的にはそれらのサイトと同様の位置に広告を掲載する方が掲載効果は高くなるハズなので、AdSenseによる収益を改善したい。と思っている方は、AdSenseガイドブックなどで公開されている情報を最大限活用すべきと思う。

自分としてはコンテンツとしてのBlogエントリの可読性を下げてまで、広告を掲載しようとは思って居ないけれど、コンテンツの閲覧を極力阻害しない範囲で広告を掲載していくのは、Blogを継続するモチベーション&原資になるので『どうすれば収益が拡大するか』は知っておいた方が良いと思う。というお話でした。