1秒あたりの『あけおめ』ツイート数、日本・韓国を含むエリアが圧倒的No.1に

世界各地の1秒あたりの『あけおめ』ツイート数で、東京・ソウルを含むUTC+9のエリアが、2位以下を大きく引き離してツイート数No.1になった事がTwitterより発表されている。

Twitterブログによる発表は以下にて。
Twitterブログ: 今年の「あけおめ」のツイートは…

上記ブログで発表されているデータをまとめると以下。

■タイムゾーン別 あおおめツイート数 – 表

都市名 ツイート/秒
UTC+9 東京、ソウル 33,388
UTC-5 ニューヨーク、ボゴタ 13,336
UTC+7 バンコク、ジャカルタ 11,675
UTC ロンドン、リスボン 9,455
UTC-8 ロサンゼルス、バンクーバー 7,137

■タイムゾーン別 あけおめツイート数 – グラフ
130103_Twitter.png
※1秒あたりの『あけおめ』ツイート数/Twitter社発表

東京(や日本各地)、ソウルを含むUTC+9のエリアが、2位以下に圧倒的な差を付けてNo.1になっている。

UTC+9のエリアがNo.1になっている理由としては、Twitterユーザが世界でも上位に入る日本の全域が一つのタイムゾーン(UTC+9)になっている事が考えられる。

Twitterのユーザ数自体は日本より米国の方が多いものの、米国の場合は米国内にタイムゾーンが複数あるため、今回のようにタイムゾーンで区切ると集計上は少なく見えるのかなと。

そういう意味では、言語別や国別の『あけおめ』ツイート数の集計があったりすると面白いのかも。