ジェットスター・ジャパン、1,000円で隣の席を空席にできる『スペアシート』

スポンサーリンク

TraicyさんのBlogエントリで知った情報。

ジェットスター・ジャパンの便を利用する際に、隣の席を空席にするオプションが、1,000円/片道の『スペアシート』として購入する事が可能となっている。

『スペアシート』についてはジェットスターの手数料一覧の中で紹介されている。

日本国内線 料金および手数料一覧(PDF)

スペアシートの概要は以下。

■名称
スペアシート

■金額
1,000円/片道

■提供条件
予約済み座席以外に二席目をご利用希望の場合、搭乗手続き開始後(通常2時間前から)に空席があれば購入可能。

これまで『スペアシート』は購入した事が無いけれど『隣の席を空席にしたい』という場合は有効活用できそうなオプション。

航空会社側としても、単純に『空席』のままでは収益を全く生まない座席を『空席を有料購入する』という有料のオプションにする事で、収益を拡大させる事が可能になるので、乗客&航空会社の両方にメリットのあるオプションで、LCCらしいなと思う(^ ^)

ただし、ジェットスターの便を座席指定なしで購入し、搭乗前にWebチェックインを行うと、Webチェックインのタイミングで空いている座席を指定する事が可能になるので、この時に自分の席の横だけでなく、前後が空いている(Webチェックイン時点で)座席を指定する事が可能ではあるので、個人的には利用する機会は少なさそう…。

ジェットスターの『スペアシート』と同様に、自分の席の隣を空席にする事ができるオプションとして、エアアジアXでは『Empty Seat Option』が申込可能(Optiontown経由で申込)

エアアジアXのEmpty Seat Option(Optiontown)は以下より。

Empty Seat Option(Optiontown)

エアアジアXの『Empty Seat Option』は

空席1つ:15マレーシアリンギット(約 450円)
空席4つ:46マレーシアリンギット(約 1,380円)
(返金不可:2マレーシアリンギット(約 60円)

で購入が可能となっており、羽田 ⇔ クアラルンプールの飛行時間が7時間程度と長い事を考えると、割安なオプションであると言える。

■エアアジアX:Empty Seat Option
0205_EmptySeatOption.jpg

LCCは基本的に座席の間隔が狭い、(基本的に)搭乗率が高いので隣の席が空席になる事が少ない。という事が一般的だけれど、これらのオプションを有効に使う事で、運賃を抑えたまま快適なフライトを過ごす事が可能になるので、興味のある方はぜひ活用して頂きたいなと(^ ^)