JAL、国内線初の機内Wi-Fiサービス『JAL SKY Wi-Fi』を提供開始/海外LCCでは無料提供も

スポンサーリンク

日本航空は、国内線では初となる機内Wi-Fiサービス『JAL SKY Wi-Fi』を7月23日より提供開始する。『JAL SKY Wi-Fi』のサービスプロバイダは米国Gogo

『JAL SKY NEXT』で運行される東京(羽田) 〜 大阪(伊丹)、福岡、函館などの路線にて、順次サービスが利用可能となる。

国内線におけるJAL SKY Wi-Fiの料金は税込400円/30分の時間制プランのほか、1フライトあたり500円(税込)などのフライト毎のプランが提供され、料金は利用する端末(スマートフォンか、タブレットかなど)によって異なる。

JAL SKY Wi-Fiサービスについては以下より。

JAL国内線 – Welcome New Sky

■導入日
2014年7月23日(水)より

■対象便
新仕様機材「JAL SKY NEXT」運航便

7月23日時点では、以下の路線の一部便を予定
・東京(羽田)-大阪(伊丹)線
・東京(羽田)-福岡線
・東京(羽田)-函館線
※8月より東京(羽田) 〜 新千歳線の一部に導入の予定。

■料金プラン(フライト毎プランのみ記載)
〜450マイル:スマートフォン 500円/ノートPC&タブレット 500円
451〜650マイル:スマートフォン 500円/ノートPC&タブレット 700円
651マイル〜:スマートフォン 700円/ノートPC&タブレット 1,200円

JAL SKY Wi-Fiで気になっているのは、利用する端末によって料金が変わる。
という点で、料金についてはgogo社の基準に基づき自動判別されるとのこと。

JALのサービス説明には『gogo社の基準に基づく』とだけ記載されおてり、詳細は不明。

ご利用機器はgogo社の基準にもとづき自動判別します。

自分で利用する機会があれば試してみたいのだけれど、おそらくスマートフォンで機内Wi-Fi申込をした上で、機内Wi-Fiにスマートフォンを接続し、スマートフォンのBluetoothテザリングなどを使ってインターネット接続をパソコンやタブレットと共有した場合は、料金的にはスマートフォンの料金で、パソコンやタブレットなどを複数台同時にインターネット利用ができるようになる…のではと思う。(あるいはブラウザのUser-Agentの変更とか。どちらも試してみないと。だけれども)

従来、日本国内線では機内でインターネットを利用する手段が無かっただけに、有料とはいえインターネットが利用可能となるJAL SKY Wi-Fiの提供は嬉しいところ。

一方で、タイのLCC『Nok Air』では、機内のWi-Fiサービスを無料提供する予定となっており、LCCにおいても無料サービスとして機内Wi-Fiが提供される動きもあり、今後は機内でのインターネット接続がアタリマエになったら嬉しいなと。

Nok Airの機内Wi-Fi無料提供については『アジアトラベルノート』さんのBlogエントリが詳しいので紹介まで。

格安航空会社のノックエア、機内でのWi-Fiを無料に | アジアトラベルノート

タイの格安航空会社、ノックエア(Nok Air)は、同社が現在導入を進めている機内Wi-Fiサービスについて、無料で提供することを発表しています。