@nifty、音声通話対応のMVNOサービス『NifMo』を11月26日より開始 – ZenFone 5を販売

@niftyは、音声通話に対応するMVNOサービス『NifMo』(ニフモ)を11月26日より提供開始することをWebサイトにて予告。

月額料金や、利用可能なデータ通信量などNifMoサービスに関する詳細は非公開となっているものの、対応端末としてASUSより発表された『ZenFone 5』を販売することがWebサイトにて予告されている。

NifMoのWebサイトは以下より。

現時点ではNifMoに関する詳しい情報は掲載されておらず、同サービスの最新情報を受取たいユーザ向けにメールアドレス登録などを受け付けしている。
その後、11月26日(水)より正式にサービスが提供開始されている。

ASUSは、10月28日(火)に日本向けのZenFone 5、ZenWatch発売に関する説明会を開催し、MVNOパートナーなどを紹介したものの、@niftyについてはMVNOパートナーに含まれず、説明会で配布された資料にチラシが含まれるのみだった。

■ASUSのMVNOパートナー
ASUSのMVNOパートナー

MVNOによるサービスは、従来の『格安データ通信用』という位置づけから、音声通話対応プランを提供することで『MNOからMNPして使う』という使い方も増えているので、NifMoサービスも『ZenFone 5をメイン端末として使う』という使い方が想定されているものと思う。

ZenFone 5は、端末価格が30,000円以下(16GBモデル)となっているにも関わらず、Androidスマートフォンとして必要十分なスペックを備えており、なおかつ質感にも『安っぽさ』を感じることが無い端末となっているので、スペックをそれほど重視せずに、コストパフォーマンスを重要する。という方にはMVNO回線との組み合わせが非常に相性が良く、NifMo以外にも複数のMVNOから販売される見込み。

コメント

  1. zen より:

    ZENFONE運用したくて春から注目してたんですが、とうとうniftyが来たので、いざという時にハード修理を受け付けてくれるなら、GOサインだなと思います。
    でも、この手の格安スマホは「使い捨て」してほしいのかな?
    それにバッテリーが外せないのは痛いのでは?