新生『エアアジア・ジャパン』客室乗務員などの募集を開始 – 中部国際空港を拠点に2015年5月以降に就航か

TraicyさんのBlogエントリにて知った情報。

マレーシアを拠点とするLCC『エアアジア』グループの日本法人である『エアアジア・ジャパン』が運航乗務員や客室乗務員などの人材募集をWebサイト上で行っており、採用情報から就航時期が2015年5月以降であることや、拠点空港として中部国際空港(セントレア)を拠点とする方針であることが明らかに。

エアアジア・ジャパンの採用情報は以下より。

エアアジア ジャパン人材募集

募集している職種は運航乗務員、航空機整備士・整備スタッフ、運航関連スタッフ、客室乗務員、ゲストサービススタッフの5つ。

客室乗務員の募集ページをよく見ると、中部国際空港を拠点とする方針であることが読み取れる。

客室乗務員 – エアアジア・ジャパン

中部国際空港(仮)もしくは会社の指定する空港まで公共交通機関を利用して60分以内で通勤可能な場所に居住または居住予定の方

エアアジア・ジャパンは、ANAホールディングスとマレーシアのエアアジアの合弁会社として設立されたものの、両社の合弁については2013年に終了、旧エアアジア・ジャパンは『バニラエア』として再スタートしている。

一方で、マレーシアのエアアジアグループは、楽天などと提携した上で日本市場へ再参入することを発表しており、今回の人材募集は『エアアジア・ジャパン』として再スタートするための準備と言える。

楽天株式会社:  楽天、エアアジア・ジャパン株式会社に出資 | ニュース

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下「楽天」)は本日、アジア最大のLCC(ローコストキャリア)であるエアアジア(グループCEO:トニー・フェルナンデス、所在地:マレーシア)が日本で設立するエアアジア・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表:小田切 義憲、資本金:70億円(予定)、以下:「エアアジア・ジャパン」)に出資(出資比率:18%)することになりましたので、お知らせいたします。