航空会社各社、4月1日より燃油サーチャージを値下げ – 日系各社は基準通貨変更により値下げ幅を縮小

スポンサーリンク

ANA、JALなどの航空会社各社は、4月1日以降に発券(購入)する航空券の燃油サーチャージを値下げ。

日本 〜 北米・欧州などの長距離路線では、3月末までと比べて片道3,500円、往復で7,000円分燃油サーチャージが値下がりしている。

ANAの燃油サーチャージ改定概要は以下。

ANA:燃油サーチャージ金額を改定

区間 2015年4月1日
〜2015年5月31日
2015年2月1日
〜2015年3月31日
日本 〜 欧州・北米など 10,500円 14,000円
日本 〜 ハワイ・インド・インドネシア 6,000円 8,500円
日本 〜 タイ・シンガポール・ミャンマー 4,500円 6,500円
日本 〜 ベトナム・サイパン・グアム・フィリピン 3,000円 4,000円
日本 〜 香港・台湾・マカオ・中国 2,500円 3,500円
日本 〜 韓国 500円 1,000円

燃油サーチャージの値下がり自体は歓迎したいものの、ANAおよびJALの両社は、4月1日の燃油サーチャージ改定にあたり、従来基準としていた『シンガポールケロシン市況価格の2カ月平均』の価格を、ドル建て → 円建てに変更しており、円安タイミングにてこの変更を行ったことによって燃油サーチャージの値下がり額が縮小している。

基準となる通貨を円とすること自体は特別おかしな変更ではないにしても、円安タイミングでの変更は燃油サーチャージ価格の値下がりを縮小するので、搭乗者としては負担が大きくなるのは残念なところ。