「 JAL 」一覧

燃油サーチャージ値上がり、長距離路線で往復7,000円→14,000円、アジア路線では往復1,000円→3,000円と3倍に

燃油サーチャージ値上がり、長距離路線で往復7,000円→14,000円、アジア路線では往復1,000円→3,000円と3倍に

JALは、2017年4月1日から5月31日に発券する国際線航空券の燃油サーチャージを発表。2017年3月31日までに発券される航空券と比べて燃油サーチャージが値上げとなる。 日本発の場合、長距離線(北米・欧州・中東・オセアニア)行きで片道3,500円→7,000円に、中国・台湾...

ANA・JAL国際線で燃油サーチャージ復活、長距離路線で往復7,000円 – 海外航空券・海外ツアーは燃油不要の1月末までの購入がオススメ

ANA・JAL国際線で燃油サーチャージ復活、長距離路線で往復7,000円 – 海外航空券・海外ツアーは燃油不要の1月末までの購入がオススメ

ANAおよびJALは、国際線の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を2017年2月より復活することを発表。 燃油サーチャージは日本から欧州・北米・オセアニアなどの長距離路線で片道3,500円、日本から中国・香港・台湾・マカオで片道500円など。燃油サーチャージ額はANA・JAL...

ANA・JALが国際線の燃油サーチャージ廃止を正式発表 – 2016年4月から5月発券分で

ANA・JALが国際線の燃油サーチャージ廃止を正式発表 – 2016年4月から5月発券分で

ANA・JALは2016年4月-5月発券分の国際線航空券で燃油サーチャージの廃止を正式に発表。燃油サーチャージの撤廃は、燃油サーチャージの金額を決定する基準となっているシンガポールケロシン市況価格の値下がりによるもので、2016年6月以降は再び燃油サーチャージが設定される可能性も...

NO IMAGE

航空会社各社、4月1日より燃油サーチャージを値下げ – 日系各社は基準通貨変更により値下げ幅を縮小

ANA、JALなどの航空会社各社は、4月1日以降に発券(購入)する航空券の燃油サーチャージを値下げ。 日本 〜 北米・欧州などの長距離路線では、3月末までと比べて片道3,500円、往復で7,000円分燃油サーチャージが値下がりしている。 ANAの燃油サーチャージ改定概要は以下...

JAL、燃油サーチャージの基準を『円建て』に変更することで値下げ幅を縮小 – 2015年4月分より

JAL、燃油サーチャージの基準を『円建て』に変更することで値下げ幅を縮小 – 2015年4月分より

JALが4月1日以降発券分の燃油サーチャージ値下げを発表したのは、こちらのエントリにてお知らせの通り。 2015年4月1日以降の燃油サーチャージの算定にあたり、JALでは従来はドル建て区分していた燃油サーチャージの基準額を日本円基準に改定することを発表。これにより、2015年4...