ドコモ「実質0円」を1月末で終了、2月からは月々サポート減額で実質値上げに

ドコモは、2016年度第3四半期を発表。ドコモの加藤社長は、端末の本体価格から月額料金割引である月々サポートを差し引いて考えるいわゆる「実質価格」について、販売価格が「実質0円」以下となる販売を1月末で終了することを明らかにした。

ドコモの決算発表に関する記事はITmedia Mobileにて。

ドコモ、「実質0円」を1月末で終了 スマホ販売への影響は? – ITmedia Mobile

NTTドコモの加藤薫社長は、1月29日に行った第3四半期の決算会見で「2月1日から、実質0円以下になる端末販売を謹んでいきたい」と明言した。

ドコモの決算発表によると「実質0円」の廃止は、月々サポートの減額によって行われる模様。本体価格そのものは変わらないものの、月額料金の割引が小さくなることで実質的な値上げとなる見込み。

「実質0円」の終了については、新モデルだけでなく旧モデルについても同様の方針。携帯電話業界としては最大の商戦期である3月を前に、「実質0円」が廃止される見通し。

新機種と型落ちのどちらも含むのか、という質問について、加藤氏は「いろんな選択肢があるだろうが、まずはそれも含めて、0円以下を慎もうと思う」と回答。

引用元:ドコモ加藤社長、「0円販売は2月からやめる」 – ケータイ Watch

ただし、ドコモが携帯電話販売店に対して支払する「販売奨励金」については減らさない。としているため、キャリア側からの販売奨励金を原資として、販売店側が独自に実子するキャンペーンにる「実質0円」(またはそれ以下)のキャンペーンが復活する日はそう遠く無い未来に復活するのかも。
※少なくとも2月から「しばらくの間」は目にすることは無さそうだけど。