スターアライアンス特典航空券:ビジネスクラス4区間を「片道分」ANAマイルと交換する方法

スポンサーリンク

ANAマイルと交換可能な「ANA提携航空会社特典航空券」(スターアライアンス特典航空券)をビジネスクラスの特典航空券と交換する際、ルートによっては複数区間のフライトを「片道」扱いで予約することができるのでご紹介。

ANA提携航空会社特典航空券のビジネスクラス4区間を片道分マイルと交換するルートの例は以下。
※片道での発券はできないので、片道ビジネス + 片道エコノミーの扱い。

■ANA提携航空会社特典航空券:ビジネスクラス4区間を片道分マイルと交換可能
NewImage

上記ルートでは出発地が上海、目的地が日本となる。

上海-日本の必要マイル数(ANA提携航空会社)はエコノミークラスで往復23,000マイル、ビジネスクラスでは往復43,000マイルで、片道がエコノミークラス、片道がビジネスクラスの場合はそれぞれのクラスの必要マイル数の半分(片道換算)を合計したマイル数が必要となる。

■上海-日本の往復で必要マイル数は23,000マイル
上海-日本の往復で必要マイル数は23,000マイル

[必要マイル数の計算]
往路(ビジネスクラス):43,000マイル / 2 = 21,500マイル
復路(エコノミークラス):23,000マイル / 2 = 11,500マイル
往復合計:33,000マイル

前述の通り、ルート次第では「片道分のマイルでビジネスクラス4区間に搭乗可能」ではあるものの、全ての都市で途中降機(24時間以上の滞在)をすることは不可能で、ANA提携航空会社の特典航空券では、途中降機することのできる都市は、目的地以外に1都市となっており、合計で2都市のみ。このため、目的地ともう1都市以外の都市に関しては全て24時間以内の滞在(乗継)となる点は注意。

途中降機(24時間を超える滞在)
日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です。

乗り換え
日本国内で往路・復路各2回まで可能です。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能です。

ご利用条件│提携航空会社特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

この方法は「片道分のマイルでビジネスクラスで4区間移動できる」方法ではあるものの、滞在することができるわけではないので「裏技」というほどののもではない。それでも、少ないマイル数で多くの区間に搭乗して多数の都市に立ち寄りすることができるのは、使い方次第でマイルの価値を最大化することができるので、覚えておくことをオススメ。

その他、ANA国際線特典航空券を活用して国内線特典航空券を予約する方法は以下エントリにて。
ANA特典航空券:国内線特典航空券を通常よりも少ないマイル数で予約する方法 – 東京から宮古島往復12,000マイルなど | shimajiro@mobiler