ANAが国内線特典航空券ルールを変更「搭乗日に空港で早い便に変更」が不可に

スポンサーリンク

ANAは、2018年10月28日搭乗分より国内線特典航空券のルールを変更。従来は新規予約・予約変更が4日前までとなっていたのを搭乗日前日までに拡大するほか、予約開始タイミングを2カ月前の09:30よりも早く行えるようにする一方、空席がある場合に予約便より早く出発する便への変更ができなくなる。

ANAのお知らせは以下にて。

国内線特典航空券のルールが変更になります | ANAマイレージクラブ

国内線の特典航空券に関する主な変更点は以下。

(1)予約開始タイミング
搭乗日2カ月前 09:30 → 運航ダイヤ毎に一斉発売

(2)新規予約・予約変更の受付
搭乗日4日前まで → 搭乗日前日まで受付

(3)航空券の有効期限・払い戻し
発行日(および翌日)から起算して90日 → 1年間

(4)登場当日に空港で前の便への変更
可能 → 不可(2018年10月28日搭乗分より)

■ANA:特典航空券のルール変更
特典航空券のルール変更
掲載元:2018年、国内線の新しい運賃がスタートします。|ご旅行の準備[国内線]|ANA

個人的に影響が大きいのは、搭乗日当日に空港で前の便への変更が受付できなくなること。旅行・出張中に目的地での用事が早く終わるなど、予定していたよりも早い便に乗れるケースで、特典航空券の「同路線の早い時間帯の便に乗れる」は非常に嬉しい制度だっただけに、早い時間帯への変更ができなくなるのは残念なところ。

なお、ANAと同様にJALも2017年11月に同様に「特典航空券の当日前倒し搭乗不可」の変更を行ったものの、その後2018年2月には再開するなどの動きがあった。(ので、今更JALに追従することは無いと思っていただけに残念…。)

JALが行った、特典航空券の前便変更(当日)不可→再開については、Traicyの記事で紹介されている。

JAL、国内線特典航空券で搭乗当日の前便変更の取扱い再開 – トラベルメディア「Traicy(トライシー)」

日本航空(JAL)は、JALグループ国内線特典航空券やおともdeマイル割引利用時の、搭乗日当日での空港での予約変更の取扱いを、2月8日より再開した。