春秋航空日本の「ラッキースプリング」運賃はジェットスター最低価格保証の対象 – 他社価格より10%割引、前泊回避にも使える

スポンサーリンク

春秋航空日本は、8月5日(金)正午より成田-新千歳が片道500円からになるセールを開催。片道500円のチケットは瞬く間に完売してしまったものの、多くの日程で片道3,000円台からのセールが続いている。

春秋航空日本のWebサイトは以下にて。
Spring Japan 春秋航空日本公式サイト

■春秋航空日本:札幌 → 成田が片道3,000円
春秋航空日本:札幌 → 成田が片道3,000円

春秋航空日本のセール運賃である「ラッキースプリング」は、ジェットスターの提供する「最低価格保証」プログラムの対象となっているため、ジェットスターの航空券価格よりも春秋航空日本の方が航空券代が安い場合、春秋航空日本の運賃から10%割引された価格でジェットスターの航空券を購入可能となる。

ジェットスターの最低価格保証は、ジェットスターのフライトの出発時間の前後1時間以内に出発する便が対象となり、ジェットスターよりも他社の航空券の価格が割安な場合は、ジェットスターのフライトを他社の航空券価格の10%割引にて購入できる。

ジェットスターの最低価格保証の詳細&予約は以下にて。
最低価格保証 | ジェットスター
(最低価格保証の予約受付は日本時間で9:00 – 21:00まで)

ジェットスターの最低価格保証は金額的にはそれほど大きなメリットは無いけれど、比較対象となる他社のフライトが早朝便(または深夜便)の場合、早朝便を利用するために前泊をする、あるいは到着が深夜になるため当日中の帰宅が難しいなどのケースで、出発/到着時間を都合にあわせて(最大1時間)前後させることができるのは大きなメリット。

特に、春秋航空日本の成田→札幌(新千歳)は成田空港の出発時間が07:15(チェックイン締切は06:40)と比較的早い時間帯となっており、場合によっては前泊が必要になる点がネック。

■春秋航空日本の成田 → 札幌は07:15出発
春秋航空日本の成田 → 札幌は07:15出発

春秋航空日本の成田→札幌の出発時刻の前後1時間以内に出発するジェットスター・ジャパンのフライトを探してみると、成田空港を08:00に出発するGK 105便が運航されており、春秋航空日本のフライトに対して最低価格保証が有効となる。

GK 105便のチェックイン締切は07:30に設定されているため、春秋航空日本の成田→札幌便のチェックイン締切よりも50分遅くなるため、06:00頃に東京駅を出るバスでもチェックイン締切に間に合うように到着が可能になる。
※これによって必ずしも前泊が不要になる方ばかりではないと思うけれど、早朝時間帯で公共交通期間でのアクセスが難しい状況が多少なりとも改善する点は大きいかなと。

■ジェットスター・ジャパン:成田→札幌便
ジェットスター:成田→札幌は08:00出発のフライトがある

また、ジェットスター・ジャパンでは座席を必要としない幼児の航空券代は無料。春秋航空日本では座席を必要としない幼児の国内線料金として1,500円の支払が必要となるため、春秋航空日本の国内線に対してジェットスター・ジャパンの最低価格保証を使った予約では、大人の運賃(航空券代 + 空港施設使用料)から10%割引に加えて幼児料金の1,500円が割引される。

仮に、春秋航空日本のフライトが片道3,000円(子供1,500円)とした場合、ジェットスター・ジャパンの最低価格保証にて予約する場合の支払総額は以下の計算となる。

■春秋航空日本の運賃
他社運賃:6,000円 (3,000円 * 大人2名)
空港使用料:760円 (380円 * 大人2名)
幼児料金:1,500円 (2歳以下の幼児)
—————————————————
支払価格:8,260円

■ジェットスター最低価格保証
航空運賃:5,400円 (3,000円 * 大人2名 * 90%)
空港使用料:684円 (380円 * 大人2名 * 90%)
幼児料金:無料
—————————————————
最低価格保証での支払総額:6,084円

そんなわけで、春秋航空日本の成田→札幌便に乗ってみたいけれど、出発時刻が早いため前泊が必要になってしまう。という方はジェットスターの最低価格保証プログラムの活用を検討すると良いかも。
※ルール的には、春秋航空日本の737円セールや500円セールに対してジェットスターの最低価格保証を申請することも可能ではあるけれど、片道1,000円を下回る価格はすぐに完売となってしまうため、最低価格保証を申請すること自体が難しいので、あまり現実的ではない。

ジェットスターの最低価格保証の詳細&予約は以下にて。
最低価格保証 | ジェットスター