セカイルーター「Skyroam」対応エリアが100か国以上に拡大、輸入価格は本体代10,000円以下に

世界中で使えるモバイルWi-Fiルータ「Skyroam」の対応エリアが100か国に拡大している。

■Skyroam:対応エリアが100か国以上に拡大
Skyroam:対応エリアが世界100か国以上に拡大

Skyroamの利用可能エリアは以下。

How It Works | Skyroam Hotspot
Skyroam:対応エリアが100か国以上に拡大

Skyroam Hotspotは、VSIM(Virtual SIM)を内蔵しており、渡航先で現地のSIMカードを購入して使うのではなく、全世界一律でUSD 10/24時間毎の通信料を必要に応じて購入してデータ通信を行う方式。通信事業者のローミングでのサービス利用と異なり、いわゆる「海外パケ死」の心配などは無く安心して渡航先でデータ通信を利用できる。

Skyroam Hotspotは国内販売されていないものの、SIMフリーのスマートフォンやタブレットを販売するEXPANSYS(エクスパンシス)にて販売されており購入可能。

EXPANSYSでのSkyroam Hotspotの販売ページは以下にて。

Skyroam Hotspot Global WiFi (with 3 Daypasses)
Skyroam Hotspot:EXPANSYSで9,695円

■Skyroam Hotspotサービス内容
対応エリア:世界100か国(随時拡大中)
通信速度:下り最大42Mbps/上り最大21Mbps
対応周波数(3G):HSPA+/W-CDMA 850/900/1900/2100MHz
対応周波数(2G):EDGE/GPRS 850/900/1900
接続台数:最大5台
連続通信時間:8時間
通信料:1日あたりUSD 10 → 利用開始から24時間制

Skyroam Hotspotのレビューについては以下エントリにて。
世界60か国のデータ通信が1日10ドルの「Skyroam」は現地プリペイドSIMを購入するまでの「つなぎ」に便利 | shimajiro@mobiler