茨城空港発の旅の魅力を伝えるブロガー35名を募集、旅費2万円を助成

スポンサーリンク

茨城空港は、茨城空港から札幌・神戸・福岡・那覇・上海方面への旅行の魅力を伝えるブロガーを各路線5名から10名程度募集、助成金として2万円を進呈する「魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016」キャンペーンを開催している。

募集期間は2016年9月27日から10月21日まで、対象者となった場合の旅行期間は11月1日から12月28日まで、旅行完了後2週間以内に、ブログなどに旅行記事を掲載することが条件とされている。

キャンペーンの概要は以下にて。

「魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016」の参加者を募集します! | 茨城空港
茨城空港:茨城空港発旅行の魅力を伝えるブロガーを募集

■応募期間
2016年9月27日(火) – 10月21日(金)

■旅行期間
2016年11月1日(火) – 12月28日(水)

■募集人数
札幌方面→茨城 – 札幌線:10名程度
神戸方面→茨城 – 神戸線:10名程度
福岡方面→茨城・福岡線:5名程度
那覇方面→茨城 – 那覇線:5名程度 (久米島・宮古島チャーター便を含む)
上海方面→茨城 – 上海線:5名程度

■助成金
2万円

就航先ごとに事務局側が設定するテーマに基づいた内容を最低1つ以上実施する必要がある点には注意。ただし、茨城-上海線に関してはテーマが明記されていないので、同路線の応募に興味のある方は問い合わせてみた方が良いかも。
→その後、茨城空港に問い合わせてみたところ上海線についてもテーマが正常に掲載されているのが確認できた。

茨城空港のキャンペーンは「ブロガー募集」となっているものの、旅行記についてはFacebook・Twitter・Instagramへの投稿でも認められる模様。

茨城空港のWebサイトに掲載されているQ&Aの内容は以下。

Q:旅行後に掲載するブログの内容は。

A:ブログやフェイスブック場合、文字数500字以上、写真10枚以上とします。
ツイッターやインスタグラムの場合、15投稿以上(写真付き)とします。
※投稿の際は、ハッシュタグ「#茨城空港ブロガー体験記」を付けて投稿してください。
上記に満たない場合、事務局から加筆をお願いすることがあります。

茨城空港は、台湾のLCC「Vエア」が茨城-台北を運休したほか、中国南方航空も茨城と中国を結ぶ路線を撤退、2016年9月末時点で運行されている国際線は、春秋航空の上海-茨城線のみとなるなど、減便や撤退が相次いでいる。

都心からは「とにかく遠い」というイメージを抱きがちな茨城空港ではあるけれど、東京駅から茨城空港へアクセスするバスでの所要時間は1時間40分(100分間)で、東京駅から成田空港第3ターミナルにアクセスするバスの所要時間が75分間となっているのと比べるて、それほど大きな差があるとは(個人的には)思わない。
※ただし、茨城空港→東京駅の所要時間は2時間30分で、こちらは下り方面と比べて所要時間がかなり長いのは事実。(日・祝日は所要時間が2時間に短縮される)

茨城空港のWebサイトは以下にて。
茨城空港