国土交通省、週末の大雪に関する緊急発表 – 不要不急の外出を控えるように呼びかけ

国土交通省は、1月15日にかけて北日本から西日本にかけての日本海側で大雪が継続し猛吹雪に、また14日および15日にかけては東海地方・近畿地方など、西日本から東日本の太平洋側平野部でも、局地的に大雪になる恐れがあるとして大雪に関する緊急発表を実施。

特に、自動車などを運転する予定のあるドライバーに対しては、冬用タイヤやチェーンの早めの装着を呼びかけている。

報道発表資料:大雪に対する国土交通省緊急発表 – 国土交通省

今週末にかけての大雪に備え、下記のとおり、ドライバー等の皆様への呼びかけについてお知らせします。

○北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、15日頃にかけて大雪が継続し、猛吹雪となるところがある見込みです。
 また、14日から15日にかけては、東海や近畿等、西日本から東日本の太平洋側の平野部でも局地的に大雪となるおそれがあります。
○大雪や猛吹雪による立ち往生等に警戒が必要です。
○不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、冬用タイヤやチェーンの早めの装着をお願いします。

■国土交通省、大雪に対する緊急発表
国土交通省、大雪に対する緊急発表

大雪による影響で各種交通機関の乱れも予想されるので、移動手段を問わず週末に移動する予定のある方はご注意を。