離発着時の電子機器利用『機内モードなら利用ok』に緩和の方針

国土交通省は、航空機の離発着時の電子機器の利用制限について、電波を発信しない状態であれば、離発着時の使用を認める規制緩和を9月1日より行う方針。(正式発表は今週中の見込みとされている)

日本国内では、航空機の離発着時は全ての電子機器の電源をオフにする必要があり、離陸前と着陸前はあらゆる電子機器の利用が法律によって制限されていたけえど、規制緩和によって電波を発信しない状態であれば、電子機器の利用が可能となる。

ただし、実際の運用については各航空会社の判断に委ねられるため、9月1日より一律で利用が解禁されるのではなく、航空会社によっては引き続き従来通りの制限がしばらく続く可能性もある点は注意が必要。

とは言え、基本的には離発着時に電子機器の利用制限が無くなるのは、飛行機を利用する上でネックだった『離発着時に電源を切る必要がある』のと、『離発着時に電子機器が使えない』という点が解決するようになり、飛行機での移動が従来よりも快適になるのは歓迎したい。

関連する動きとしては、機内でのインターネット接続サービスがJALおよびスカイマークより提供される予定となっており、今回の離発着時の電子機器の利用制限の緩和を含めて、航空機で移動中の電子機器利用環境が徐々に改善されつつある。
関連エントリ:スカイマークは機内インターネット接続サービスを無料で提供/羽田 〜 福岡&札幌便より順次拡大 | shimajiro@mobiler
※離発着時のWi-Fi接続については、規制緩和後も利用が禁止される見込み。