スカイマークは機内インターネット接続サービスを無料で提供/羽田 〜 福岡&札幌便より順次拡大

スポンサーリンク

航空会社のスカイマークは、8月7日より機内でのインターネット接続サービス『SKYMARK FREE Wi-Fi』を無料で提供することを発表。対象となる航空機はA330-300型機の1機より提供を開始し、年内には全てのA330型機でサービスを提供予定。

対象路線は羽田 〜 福岡と羽田 〜 札幌(新千歳)の一部便より、順次拡大の計画。SKYMARKが機内インターネットで導入するシステムは『eXConnect』で、同システムはJALの機内インターネットサービスの国際線でも導入されている。(国内線ではGogoが採用されている)

スカイマークのプレスリリース(PDF)は以下より。

機内無料インターネット接続サービス 「SKYMARK FREE Wi-Fi」について – スカイマーク

スカイマークでは、エアバスA330型機(*1)の機内において、無料のインターネットサービス「SKYMARK FREE Wi-Fi」(*1)の導入を開始いたしますので、ここにお知らせいたします。

国内の航空会社では、JALが7月23日(木)より一部便にて『JAL SKY Wi-Fi』の提供を開始しているものの、こちらは有料サービスとなっており、国内線では飛行距離と利用端末に応じて、最大で1フライトあたり1,200円の利用料が発生する上、利用に際してアカウント登録などを行う必要がある点がユーザとしては負担になる。

スカイマークの提供する『SKYMARK FREE Wi-Fi』サービスは、利用料金が無料となっているだけでなくユーザ登録なども不要になっている(少なくともスカイマークの手順ではアカウント登録が必要という記述は無い)ので、利用の際に煩わしい手続が不要。というのも大きなメリットと言えそう。

利用登録などのフローがカンタンになっていることで、機内でのインターネット接続に関する質問などを客室乗務員が対応するコストも低くなる可能性もあり、利用者の満足度改善&対応コストの低減を両立させるという面で効果がありそう。

SKYMARK FREE Wi−Fiの利用手順などの説明は以下より。
[SKYMARK FREE Wi-Fi]

サービス提供開始はJALが先行するものの『料金無料』という強烈なメリットがあるスカイマークの方がインパクトは強く、今後の機内インターネット接続サービスにも大きな影響を与える動きとなりそう。

日本国内では、地上移動中では『インターネット圏外』になることがほとんど無くなってきた中で残っていた飛行機内が『インターネット圏内』になっていくのは嬉しいところで、今後の対象路線の拡大などなどに期待したいなと。