【バニラエア】フライト遅延時の便変更は予約便出発後でも可能

バニラエアのフライトが遅延する。というお知らせが、搭乗日当日にメールにて通知された。

■バニラエア:フライト遅延
バニラエア:フライト遅延

遅延理由は「使用機材到着遅れのため」とのことで、この時点で出発時間が定刻より約2時間ほど遅れる見込みととなっていた。
※バニラエアの台北→ホーチミン(JW105便)は、成田→台北→ホーチミンで運航されているため、成田出発が予定より遅れれば、当然ながらその影響を受けて遅れる。

航空券はバニラエアのWebサイトにて「シンプルバニラ」運賃で購入しており、時間変更となったフライトに搭乗するほかに、出発日から2週間以内の空席があるフライトへ無料で変更が可能だった。ただし、キャンセルしての返金は不可。
※遅延および欠航時の対応は、旅行代理店にて航空券を購入している場合は対応が異なる。

■キャンセル(返金)は不可
バニラエア:キャンセルは不可

出発時間の変更により無料で変更可能となったフライトは、もともとの出発時間を過ぎても、出発日から2週間以内の(空席がある)フライトへの変更が可能となっている模様。
※この点は、バニラエアのメールおよびWebサイト「便変更がいつまで可能か」がみつからなかったので、今回確認できて良かった。ただし、もともとの出発予定日から一定の日数を過ぎるとインターネット上での変更手続が行えなくなるようで、この点には注意が必要。

バニラエアのWebサイトでの欠航・変更に関する案内は以下にて。
ご予約便が欠航した場合の変更・払い戻しについて | バニラエア Vanilla Air – 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約