スクート、成田-台北が6,900円、新千歳-台北が7,500円、大阪-バンコクが9,900円などのセール

シンガポールを拠点とするLCC、スクート(Scoot)は、成田から台北が片道6,900円、札幌から台北が片道7,500円、大阪からバンコクが片道9,900円、高雄が8,300円(いずれも最低価格)からのセールを開催。販売期間は6月8日(木)11:00 – 6月10日(土)23:59まで。

ScootのWebサイトでのセール告知&予約は以下にて。

Promo Fares JP
スクート:

セール概要

■販売期間
6月8日(木)11:00 – 6月10日(土)23:59

■対象路線&価格

対象路線 搭乗期間 セール価格
札幌(新千歳) – シンガポール 2017年6月17日 – 10月31日 15,000円から
札幌(新千歳) – 台北(桃園) 2017年6月17日 – 7月20日 7,500円から
東京(成田) – シンガポール 2017年6月19日 – 11月17日 14,000円から
東京(成田) – バンコク(ドンムアン) 2017年6月19日 – 9月30日 11,900円から
東京(成田) – 台北(桃園) 2017年6月22日 – 11月30日 6,900円から
大阪(関西) – シンガポール 2017年11月17日まで 14,000円から
大阪(関西) – バンコク(ドンムアン) 9月30日まで 9,900円から
大阪(関西) – 高雄 2017年9月1日 – 12月21日 8,300円

※空港使用料コミ、支払手数料別途必要

■成田→台北(桃園)が総額6,900円より
成田 - 台北(桃園)が総額6,900円から

スクートのセール価格には、空港使用料がコミとなっているので、単純に航空券価格をベースに考えると、セール価格では安く見える日系のLCCよりも総額ベースでは割安となることもある。
※参考までに、関西国際空港(T1)の空港使用料は3,040円、成田国際空港(T2)は2,610円。(共に出発時)

加えて、Scootは運航する機材を全てB787型機に統一しており、有料ながらも座席電源&機内Wi-Fiサービスが提供されており、機内でこれらのサービスを利用したい方には貴重なLCCと言える。

Scootの座席電源&機内Wi-Fiに関するエントリは以下にて。

ScootのB787型機はエコノミークラスでも座席電源&機内Wi-Fiが利用可能(ただし有料)
シンガポールを拠点とするLCC「Scoot」(スクート)は、2015年9月より定期便の全路線をB787型機に統一。ScootのB787型機は、LCCとしては珍しくエコノミークラスの座席であっても有料オプションとして電源&機内Wi-Fiが利用可能となっている。 ■Scootの電源...