【0〜3歳】幼児の国内線航空券代・座席利用に関するまとめ-大手は2歳まで・LCCは1歳まで無料

スポンサーリンク

日本国内線に幼児(3歳以下)連れて旅行する際の航空券代・座席利用に関するまとめ。

■幼児(3歳以下)の航空券代金・座席利用に関するまとめ
幼児(3歳以下)の航空券代金・座席利用に関するまとめ

FSC:3歳以上は航空券が必要、2歳以下は膝上なら無料

フルサービスキャリア
年齢 3歳以上 2歳 1歳 0歳
航空会社 運賃 座席 運賃 座席 運賃 座席 運賃 座席
JAL 大人と同額
(小児運賃あり)
無料 膝上 無料 膝上 無料 膝上
ANA 大人と同額
(小児運賃あり)
無料 膝上 無料 膝上 無料 膝上
JTA 大人と同額
(小児運賃あり)
無料 膝上 無料 膝上 無料 膝上
スカイマーク 大人と同額
(小児運賃あり)
無料 膝上 無料 膝上 無料 膝上
AIRDO 大人と同額
(小児運賃あり)
無料 膝上 無料 膝上 無料 膝上
スカイネットアジア 大人と同額
(小児運賃あり)
無料 膝上 無料 膝上 無料 膝上
スターフライヤー 大人と同額
(小児運賃あり)
無料 膝上 無料 膝上 無料 膝上

ANA・JALなどのフルサービスキャリア(FSC)では、子どもが3歳以上の場合、航空券の購入が必須。

子どもの航空券代金は大人と同額または、小児運賃(普通運賃の約半額)の安い方が自動的に適用される。「旅割」などの各種割引運賃にて航空券を予約した場合は、基本的に小児運賃ではなく「旅割」などの割引運賃が子ども用の航空券にも適用される。

子ども用に座席を購入しない場合、2歳以下(0〜2歳)であれば航空券の支払は不要。ただし、この場合は子ども用の座席は確保されないので、原則として保護者(付添人)の膝上に幼児を着席させる必要があるので、保護者の負担は大きくなる。

LCC:2歳以上は大人と同額で座席利用ok

LCC
年齢 2歳以上 1歳 0歳
航空会社 運賃 座席 運賃 座席 運賃 座席
Peach 大人と同額 無料 膝上 無料 膝上
ジェットスター 大人と同額 1,500円 膝上 1,500円 膝上
バニラエア 大人と同額 1,500円 膝上 1,500円 膝上
春秋航空日本 大人と同額 1,500円 膝上 1,500円 膝上
エアアジア・ジャパン 大人と同額 1,500円 膝上 1,500円 膝上

LCCの場合、子どもが二歳を超えると大人と同額の航空券代金の支払い、座席の購入が必要となる。(FSCと異なり、小児運賃などの設定は無い。)

前述のFSCと異なる点として、LCCでは航空券以外に支払手数料の支払が必須となるほか、座席指定料・受託手荷物などの料金も有料。2歳を超える幼児がこれらのサービスを利用する場合は、大人と同様に料金が発生する。

2歳児との旅行はFSCの方が割安なケースも

大人1名+2歳児1名で航空券を購入するケースでは、(子どもが座席を使用しなければ)FSCが「大人1名分」の運賃で済むのに対して、LCCでは必ず2名分の航空券購入が必要となるので、運賃に差が小さい場合にはFSCの方が割安になるケースもある。

■ANA:大人1名+2歳児1名で合計9,990円
ANA:大人1名+2歳児1名で合計9,990円

■ジェットスター(LCC):大人1名+2歳児1名で合計17,750円
ジェットスター(LCC):大人1名+2歳児1名で合計17,750円
ジェットスター(LCC):大人1名+2歳児1名で合計17,750円
※支払手数料、座席指定料など別途必要。

ただし、上記の例ではジェットスターでは2歳児用に座席が用意されているのに対して、ANAでは2歳児用の座席は確保されない(原則、大人の膝の上)点は注意。