京成バス「東京シャトル」が3月29日にシステムリニューアル、乗車1時間前までの予約や多言語対応

スポンサーリンク

京成バスグループの運行する「東京シャトル」(東京駅〜成田空港)は、2018年3月29日(木)に予約サイトをリニューアルする。

■京成バス:東京シャトル
京成バス「東京シャトル」

リニューアル後の予約サイトでは、5言語(日・英・繁・簡・韓)に対応するほか、乗車2日前までが期限となっていた予約受付期限が、乗車1時間前までに延長される。
(ただし、東京駅を21:00〜06:14に出発するバスおよび、成田空港発については従来通り。)

このほか、東京駅に近接する「京成高速バスラウンジ」に設置する自動券売機でも、東京シャトルのバスの予約・発券が行えるようになる。

京成高速バスラウンジでの予約・発券に関しては、従来は「チケットの購入はできるものの、座席は確保されていない」ため、ラウンジでゆっくり過ごしていると、目的のバスに乗れない可能性があったのが改善される。

「京成高速バスラウンジ」のレポートは以下にて。

東京駅 〜 成田空港間のバス『東京シャトル』でも使える『京成高速バスラウンジ』を写真でレポート

東京駅〜成田空港間を結ぶバスは、京成バスグループの東京シャトル以外に、JR東日本とビィートランセグループが運行する「THEアクセス成田」や、東京駅鍛治屋橋駐車場〜成田空港第二ターミナルを結ぶ「有楽町シャトル」などのバスがあり、各社が競争している状態。

東京シャトルの予約(3月29日から)は以下にて。
https://secure.j-bus.co.jp/Keisei/