ジェットスター・ジャパン、座席を使わない幼児に1,500円の料金を設定

スポンサーリンク

ジェットスター・ジャパンは、座席を使わない2歳以下の幼児が搭乗する場合に「幼児料金」を新設。

■ジェットスター・ジャパン:座席を使わない幼児に1,500円の料金を設定

料金は幼児1人あたり1,500円(1区間)。2018年5月7日以降の予約かつ搭乗分が対象。1名の大人が同伴できる幼児は最大2名までで、二人目の幼児に関しては座席の購入が必要。

ジェットスター・ジャパンのお知らせは以下にて。

お知らせ | Jetstar

料金設定のお知らせ
更新日時: 2018年04月27日 00:17 JST

ジェットスター・ジャパンをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

当社ではこのたび、国内線において幼児料金の設定を行いますので、お知らせいたします。

出発日に2歳未満で座席を使用しない幼児には以下の料金がかかります。
金額:1,500円 ※幼児1名、1予約区間ごとに必要
適用開始:2018年5月7日(月)以降に予約かつ搭乗分より適用。※搭乗日が5月7日でも、5月6日までに購入した分は、料金はかかりません。
なお、1名の大人が同伴できる幼児は最大2名で、二人目の幼児は座席の購入が必要です。

日本国内線に就航するLCCの多くは、座席を使わない幼児の料金について「2歳未満は無料」、フルサービスキャリアは「3歳未満は無料」としている中で、ジェットスター・ジャパンは「座席利用に関係無く1,500円」を新設。

LCCの航空券代が割安なことを考えると、幼児料金を払っても座席を利用できないのであれば、幼児用の座席を購入した方が良い。と考えるケースもありそう。(航空券代との差額次第で。)

幼児の国内製航空券代金および座席利用に関するまとめは以下エントリにて。
【0〜3歳】幼児の国内線航空券代・座席利用に関するまとめ-大手は2歳まで・LCCは1歳まで無料