ドコモオンラインショップiPhone不正契約事件で容疑者逮捕

スポンサーリンク

2018年8月に発生した、ドコモオンラインショップに不正アクセス→(当時最新だった)iPhone Xなどの端末を、契約者本人の意思と無関係に不正契約してコンビニ受取する事件で、コンビニで端末を受取した容疑者が逮捕された。

NHKニュースのWebサイト記事は以下にて。

通販でスマホ不正購入か 受け取り役の中国人4人逮捕 | NHKニュース

NTTドコモの通販サイトで、他人名義で不正に購入されたスマートフォンを受け取ったとして、中国籍の男4人が逮捕されました。利用者が知らないうちにスマートフォンの購入手続きがとられる被害が全国でおよそ1000件相次ぎ、警視庁はこのグループが転売目的で不正な入手を繰り返していたとみて調べています。

事件では、他社サービスから漏洩したID/PWの組み合わせによるリスト型攻撃によって約1,000台のiPhone X(など)が不正に購入される被害が発生。本人の意図と関係なくiPhoneを契約した契約者に対して、ドコモは本体代金の請求を行わない方針のため、原則として契約者の金銭的な負担は発生しないとのこと。

iPhoneの不正入手被害をうけ、ドコモではドコモオンラインショップで購入した商品のコンビニ受取を終了(関連エントリ)したほか、ドコモオンラインショップで機種購入などの手続を行う際に、dアカウントの二段階認証を求めるなど、再発防止に取り組んでいる。

ドコモオンラインショップは以下にて。
ドコモオンラインショップ