出国する度に1,000円払う「出国税」の返金対応まとめ・LCCでは返金不可のケースも

スポンサーリンク

2019年1月7日より、国際観光旅客税(いわゆる出国税)が新設。同日以降に購入および出発する国際線航空券では、購入時に航空運賃(や燃油サーチャージ・空港使用料など)に加えて、国際観光旅客税として1,000円(不課税)支払が必要となる。

税額は大人・子どもともに同額の1,000円で、2歳未満は非課税。日本を出国する日本人(日本パスポート保持者)および、外国籍の旅客のどちらも支払が必要。ただし、乗継などなどで24時間以内に日本を出国する場合は支払の対象外。

■国際観光旅客税(出国税)が新設
国際観光旅客税(出国税)が新設

国税庁のWebサイトに記載される「国際観光旅客税」に関する説明は以下。

国際観光旅客税について|国税庁

観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するために、「国際観光旅客税」が創設されました。
 「国際観光旅客税」は、原則として、船舶又は航空会社(特別徴収義務者)が、チケット代金に上乗せする等の方法で、日本から出国する旅客(国際観光旅客等)から徴収(出国1回につき1,000円)し、これを国に納付するものです。

新設される国際観光旅客税について、航空券を購入・支払後に何らかの理由によって予約便に搭乗しなかった場合に返金が可能か?

を各航空会社に問い合わせてみたところ、JAL・ANAなどのフルサービスキャリアに関しては返金可能、LCCについては運賃種別次第では返金不可(運賃が返金不可の運賃種別では返金しない)との回答だった。

国際観光旅客税(出国税)の返金対応

フルサービスキャリア
航空会社 返金対応 手数料
JAL 可能 無料
ANA 可能 無料
LCC
航空会社 返金対応 手数料
Jetstar 運賃タイプに応じて、ジェットスターのバウチャーで返金される。
→最も安い運賃種別「Starter」では返金不可。
返金に伴う手数料はなし
Peach 詳細は未定。ただし返金対応する方針。 不明
バニラエア 諸税等払い戻し事務手数料の支払が必要。 4,000円

国内の主要LCC(ジェットスター、バニラエア、Peach)のうち、ジェットスターおよびバニラエアでは、航空券の購入後に搭乗しなかった場合の国際観光旅客税(出国税)返金は「運賃と同じ扱いで、予約便の出発前に限り運賃種別次第で返金が可能」という対応。
→バニラエアは、空港使用料や国際観光旅客税の総額が「諸税等払い戻し事務手数料」(4,000円)よりも大きい場合、手数料を支払いすることで返金可能。ただし、空港使用料と国際観光旅客税を合計して4,000円を超える路線は関空→桃園の4,040円のみ。

さらに、返金に関しても現金での返金ではなく、ジェットスターのように自社バウチャーでの返金になるケースも。

ジェットスターのフライトバウチャーで返金される場合、当然ながらジェットスターのサービス料金の支払いにしか使うことができないほか、仮に30,000円相当のバウチャーが返金され、次回の航空券予約が20,000円分だった場合、差額となる10,000円分を次回予約に使うことができないほか、バウチャーの有効期限は発行日から183日間と制限がある。

ジェットスターのバウチャーに関する紹介は以下にて。

フライトバウチャー | ジェットスター
フライトバウチャー | ジェットスター

コメント

  1. 匿名 より:

    それって税金でしょ?非課税のはずが勝手に事業者に入るのは法的に問題ないの?税金の還付に手数料取るのは合法なの?