Amazon「Fire HD 8」にキッズモデル、水濡れ・破損などトラブル時は2年間無償交換

スポンサーリンク

Amazonは、独自タブレット「Fire HD 8」をベースに、子ども向けにカスタマイズした「Fire HD 8 キッズモデル」を2019年3月19日に発売する。販売価格は14,980円(税込)。

「Fire HD 8キッズモデル」は、通常モデルのFire HD 8に子ども向けに使いやすい専用保護カバーを同梱、さらにFire HD 8を落下・水濡れなどのアクシデントで破損・故障した場合も無償で取り替えに対応する。

「Fire HD 8 キッズモデル」を購入すると、3歳〜12歳の子ども向けに人気のビデオ、本などの知育コンテンツが好きなだけ楽しめる有料サービス「Amazon FreeTime Unlimited」(通常会員は月額980円、プライム会員480円/月)が1年間無料になる。
→1年間の無料期間終了後は、自動的に有料会員に移行する。

「Amazon FreeTime Unlimite」に含まれるコンテンツは、絵本、学習まんが、児童書、子ども向けのアプリ・ゲーム・ビデオなど数千点。

「Amazon FreeTime Unlimited」のコンテンツには推奨年齢が設定されており、年齢フィルターを設定すると子どもの年齢にあわせたコンテンツを利用できる。

Amazon FreeTime内のペアレンタルコントロール機能を使うと、Fire HD 8 キッズモデルの利用時間の制限、学習タイムの設定、コンテンツ管理などが行える。

個人的に、最近のAmazonは「モノを買う」よりも、Amazon Prime Videoで子どもが好きなアニメを見たり、各種コンテンツ系のサービスで助かる…という経験が増えているので、「Fire HD 8キッズモデル」は興味あり。

ただ、「子ども向けのアニメを見る」に限って言えば、ポータブルサイズではないディスプレイ上で目の届く範囲で視聴していた方が親にとって都合が良い気がするので、Amazon FreeTime Unlimitedで提供される「アニメ以外のコンテンツ」がどれだけ使いやすいのか?が気になるところ。

「Fire HD 8キッズモデル」は以下にて。