ドコモ光↔フレッツ光が工事不要に、「事業者変更手続」が7月スタート

スポンサーリンク

NTT東西の「フレッツ光」設備を利用して光通信サービスを提供する「光コラボレーションモデル」の事業者変更が工事不要で行えるようになる「事業者変更手続」が2019年7月1日よりスタートする。

ドコモのお知らせは以下にて。

他社光サービスからのきりかえ(事業者変更) | ドコモ光 | NTTドコモ

事業者変更手続きの導入について

2019年7月1日(月曜)より、フレッツ光の設備を使った他社光サービスをご利用中のお客さまが、新たに工事を実施することなく、ドコモ光へのきりかえが可能となる「事業者変更」のお手続きを導入いたします。

事業者変更手続

■提供開始日
2019年7月1日

■対象事業者
・NTT東西(フレッツ光)
・全ての光コラボレーション事業者(ドコモ光などなど)

従来は旧サービスの解約後、原則として再度立ち会い工事が必要だった光回線の事業者変更が、「事業者変更手続」の開始により、立ち会い工事不要・固定電話(ひかり電話)の番号変更不要になるので、従来と比べて容易に変更が行えるようになる。
※事業者変更と同時に、速度変更の変更やオプションサービスの変更同時に行う場合、事業者変更によって再度工事が必要になる場合も。

事業者変更手続によって、以下のようなケースでも固定回線を「ドコモ光」系のサービスに変更することで、「ドコモ光セット割」が適用可能となる。

・スマートフォンはドコモを契約している
・固定回線はフレッツ光(NTT東西)を契約している

ドコモ光は、GMOとくとくBB、@nifty、BIGLOBEなどのプロバイダと提携(提携プロバイダ一覧)しており、好きなプロバイダを契約して選べる。

ドコモ光(GMOとくとくBB)の申込・サービス詳細は以下にて。