Y!mobileの新旧プランを比較、旧プランで二年経過後はプラン変更がお得に

スポンサーリンク

2019年10月1日からの電気通信事業法の改正に伴って新たにスタートする、Y!mobileの「スマホベーシックプラン」と、現行の「スマホプラン」の料金プランおよび割引サービス、違約金などなどの諸条件をまとめてみた。

現プラン:スマホベーシックプラン

スマホプラン(2019年9月30日まで新規受付)
項目 プランS プランM プランL
高速データ通信 3GB 9GB 21GB
基本料金 2,980円 3,980円 5,980円
ワンキュッパ割 ▲1,000円×12カ月
おうち割 光セット ▲500円 ▲700円 ▲1,000円
家族割引サービス ▲500円 ▲500円 ▲500円
契約解除料 9,500円
契約期間 二年間(定期契約/自動更新)
割引適用後料金
項目 プランS プランM プランL
契約から1年 1,480円〜 2,280円〜 3,980円〜
2年目以降 2,480円〜 3,280円〜 4,980円〜

※料金は税別
※高速データ通信容量は、「データ増量オプション」(月額500円)に加入時。「データ増量無料オプション」は2年間適用される。
※「おうち割 光セット」と「家族割引サービス」の重畳適用は不可、割引後料金は割引額が大きい割引を適用して試算。

■Y!mobile「スマホプラン」(現行プラン)
Y!mobile:スマホプラン

新プラン:スマホベーシックプラン

スマホベーシックプラン(2019年10月1日から)
項目 プランS プランM プランR
高速データ通信 3GB 9GB 13GB
基本料金 2,680円 3,680円 4,680円
新規割 ▲700円×6カ月
光セットまたは家族割引 ▲500円
各種割引適用後料金
契約翌月〜7カ月目 1,480円〜 2,480円〜 3,480円〜
8カ月目〜 2,180円〜 3,180円〜 4,180円〜

※料金は税別
※高速データ通信容量は、「データ増量オプション」(月額500円)に加入時。「データ増量無料オプション」は2年間適用される。

■スマホベーシックプラン(新プラン)
スマホベーシックプラン(新プラン)

2019年10月1日から提供される新プラン(スマホベーシックプラン)には、いわゆる「二年縛り」と言われる、一定期間の契約を条件にした定期契約割引が適用されず、契約解除に伴う違約金も発生しない。

ワイモバイルを2年以上契約してるとプラン変更がお得

現行プランの「スマホプランS/M/L」では、二年間の定期契約(自動更新)となっているため、契約から二年間が経過している場合でも、定期契約の期間中にサービスを解約、または契約期間縛りの無い料金プランに変更すると、契約解除料(9,500円)が発生する。

ただし、2019年10月1日にスタートする「スマホベーシックプラン」への料金プラン変更については、既にY!mobileの契約から二年間が経過していれば違約金が免除される。

現在ご契約中のお客さまがベーシックプランへプラン変更される場合、
以下のいずれかを満たす場合は、契約解除料9,500円を免除いたします。

ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること
機種変更と同時に変更後対象プランにプラン変更すること

前掲の通り、契約から二年間経過後の月額料金は、スマホベーシックプランの方が割安な上、対象機種の購入で月額料金を割引する「月額割引」も新プランでは廃止されるため、Y!mobileの契約から二年間が経過している場合、料金的には新プラン(ベーシックプラン)の方が有利になる。

ただし、現行プランの「プランL」に相当するプランが廃止されるため、プランMや新たに提供されるプランRでは容量が足りない方は、現行プランを継続するのもあり。

ワイモバイルオンラインストアは以下にて。