Y!mobileの新旧プラン比較、家族割や固定回線セット割引が増額

スポンサーリンク

2021年2月17日からスタートした、Y!mobileの「シンプルS/M/L」と、スマホベーシックプランの比較。

シンプルS/M/L(2021年2月18日提供)

シンプルS/M/L(2021年2月17日開始)
項目 シンプルS シンプルM シンプルL
提供日 2021年2月18日提供開始
データ容量 3GB 15GB 25GB
基本使用料 1,980円 2,980円 3,780円
5G対応
データ繰り越し 非対応
超過時速度 300kbps 1Mbps
通話料 20円/30秒
通話オプション 1回10分の通話定額 700円/月
時間・回数制限なし 1,700円
光セット割
or家族割引
▲1,080円
月額料金(最安) 900円 1,900円 2,700円
契約期間・解除料 最低利用期間や解除料なし

※各種料金は税別

新料金プランのシンプルS/M/Lでは、これまで基本料金に含まれていた「1回10分までの音声通話」を切り離す形で基本料金を割安にしている。

通話オプションに加入しない場合、基本料金はシンプルSで1,980円。家族割や固定回線とのセット割で月額1,080円が割引され、最安価格は900円になる。

シンプルS/M/Lは、従来プランで適用していた「新規割」など、期間限定の割引を撤廃したため、契約期間中は基本的に料金が変わらない(通話料金やデータチャージの追加が無ければ)のが特長。

基本料金に対する割引は、家族でワイモバイルすると適用される「家族割」と、光回線をセットで契約すると適用される固定回線とのセット割で、1回線あたり1,080円が割引される。家族割や固定回線とのセット割については、旧プランのスマホベーシックプランよりも割引額が大きく設定されている。

よって、

・音声通話を頻繁に使わないので料金を抑えたい
・Y!mobileの家族割や固定回線セット割が適用される

という2つの条件を満たして居ると、シンプルプランS/M/Lの方が有利と言える。逆に、音声通話(1回10分以内)を利用する機会が多かったり、家族割や固定回線のセット割の適用条件を満たさない…という場合には、旧プラン(スマホベーシックプラン)との差はあまり無い。

なお、新プランにおける音声通話オプションは「必要になったタイミングで契約できる」点や、「24時間のかけ放題オプションがある」点でスマホベーシックプランと異なる。(スマホベーシックプランには24時間の定額オプションは無かった。)

旧プラン:スマホベーシックプラン

スマホベーシックプラン(2019年10月1日から)
項目 プランS プランM プランR
高速データ通信 3GB 10GB 14GB
基本料金 2,680円 3,680円 4,680円
超過時速度 300kbps 1Mbps
新規割 ▲700円×6カ月
光セット
or家族割引
▲500円
各種割引適用後料金
契約翌月〜7カ月目 1,480円〜 2,480円〜 3,480円〜
8カ月目〜 2,180円〜 3,180円〜 4,180円〜
契約期間・解除料 最低利用期間や解除料なし

※料金は税別

スマホベーシックプランの新規受付は、シンプルプランS/M/Lの提供開始に伴い、2021年2月17日で終了済み。既にスマホベーシックプランを契約中の場合は継続利用ができる。

ワイモバイルオンラインストアは以下にて。