ソフトバンクがオンライン契約・MNP転出・ブランド変更の手数料を無料化、2021年3月17日から

スポンサーリンク

ソフトバンクは、2021年3月17日より各種手数料を無料化する。

無料化の対象は、MNP転出手数料、オンライン(Webサイト)での新規契約時の手数料、ブランド間の乗り換え時に発生する契約解除料と契約事務手数料など。

ソフトバンクのプレスリリースは以下にて。
各種手数料を3月17日から無料に(PDF)

ソフトバンクでは、同日より新ブランドの「LINEMO」を提供開始する。LINEMOの提供開始にあわせて、ブランド間の乗り換えや、オンライン契約時の事務手数料などの各種事務手数料を撤廃するかたち。

2021年3月17日に無料化される各種手数料

対象ブランド 事務手数料 備考
SoftBank
Y!mobile
シンプルスタイル
■MNP転出手数料
3,000円
新ブランド「LINEMO」はスタート時から無料
SoftBank
Y!mobile
■契約事務手数料(Web)
3,000円
新規契約・MNP・機種変更が無料に
新ブランド「LINEMO」はスタート時から無料
SoftBank
Y!mobile
LINEMO
■ブランド間の乗り換え
契約解除料:9,500円
契約事務手数料:3,000円

※各種手数料は税別

新規契約時の事務手数料については、Webサイト(ソフトバンクオンラインショップやワイモバイルオンラインストア)で契約時は無料になる。ただし、家電量販店やショップで契約時は事務手数料が発生する。

■ソフトバンク・Y!mobileのショップ等では引き続き契約時の手数料が発生する
ソフトバンク、Y!mobileショップで一部サポートを有料で対応

公式オンラインストアでの事務手数料は、キャンペーン扱いで無料となっていたが、2021年3月17日より正式に事務手数料撤廃となる。対象となる契約種別は、新規契約(MNPを含む)に限らず、機種変更でも事務手数料が無料に。

ソフトバンク、Y!mobileの公式オンラインストアは以下にて。