都営地下鉄が1日500円で乗り放題「春のワンデーパス」発売、3月14日〜5月6日の土日祝に利用可

スポンサーリンク

東京都交通局は、都営地下鉄が1日500円(子ども250円)で乗り放題となる「春のワンデーパス」を発売。

有効期間および発売日は2020年3月14日(土)〜2020年5月6日(水)までの土日祝。前売り券などなどは無く、購入当日のみ有効。

東京都交通局のWebサイトは以下にて。
都営地下鉄ワンデーパス | 東京都交通局

■都営地下鉄:ワンデーパスの告知
都営地下鉄ワンデーパスの告知

都営地下鉄のワンデーパスは、春/夏/秋/冬のシーズン毎に発売されている。ワンデーパスを使うと、都営地下鉄が1日乗り放題になるだけでなく、沿線の施設や店舗にて割引が適用されるので、東京観光などにも活用できる。

都営地下鉄の運賃は、10km以上15km未満の距離が片道270円(ICカード利用時267円)に設定されており、この区間に乗車する場合は単純往復でも「ワンデーパス」を使った方が割安となる。

また、初乗りが180円(ICカード利用時178円)のため、初乗り×3回以上の乗車をする場合もワンデーパスの砲が割安に。

■都営地下鉄:普通運賃表
都営地下鉄:普通運賃表

PASMOにも搭載可能に

都営地下鉄のワンデーパスは、2018年夏シーズンより定期券情報が書き込まれていないPASMOにも搭載可能に。

ICカードでワンデーパスが利用できるようになるため、乗り越し精算などがラクに行えるようになった。

東京都交通局のお知らせは以下にて。

ワンデーパスがICカード(PASMO)でご利用いただけます | 東京都交通局

東京都交通局では、現在、期間限定で発売している都営地下鉄が1日乗り放題(都バス、都電、日暮里・舎人ライナーはご利用になれません)となる企画乗車券「都営地下鉄ワンデーパス」を、2018年7月14日(土)から発売する都営地下鉄「夏」のワンデーパスより記名及び無記名PASMOによる発売を開始いたします