松山市で実証実験中のシェアサイクル「machica BIKE」が提供中止

スポンサーリンク

松山市は、2019年11月に実証実験として陽報が運営する「シェアサイクル実証実験」(サービス名称「machica BIKE」)の提供を中止することを発表。

■シェアサイクル「machica BIKE」
マチカバイク

実証実験は2019年11月にスタートしたものの、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年4月15日から運用を休止、提供中止が7月末に発表された。現時点で再開は不明。

松山市のお知らせは以下にて。

(株)陽報によるシェアサイクル実証実験事業を中止します。 松山市公式ホームページ PCサイト

新型コロナウイルス感染拡大を受けまして、令和2年4月15日から運用を休止していた「シェアサイクル実証実験事業」ですが、公募により選定した運営事業者の(株)陽報から、コロナ禍で事業経営が厳しく、実証実験事業を継続することが困難であるとの申出を受けたため、(株)陽報による実証実験事業を中止させていただきます。

 なお、コロナ禍の現状で観光客等の見通しが不透明なことや、実証実験事業を開始した当初の社会情勢と大きく異なることから、今後の動向を見極めながら、実証実験の再開方法等について検討していきます。

machica BIKEのWebサイトは以下にて。
TOP | マチカバイク | 新しい時代のシェアサイクル Let’s BIKE[レッツバイク]