THE WiFiが無制限プランの新規受付終了、新プランは1日4GBまで

スポンサーリンク

スマートモバイルコミュニケーションズは、「THE WiFi」の容量無制限プランの新規受付を2020年8月26日(水)12:00で受付終了する。

同時刻以降の申込については、1日4GBまでの高速データ通信が利用できる「THE WiFi(4GB/Day)」と、「THE WiFi ライト(4GB//Day)」を提供する。

「THE WiFi(4GB/Day)」の月額料金は通常4,642円(税別)で、契約から1-3カ月目は4,280円に割引される。また、2020年10月31日までに申込すると、月額800円を永年割引する。

「THE WiFi ライト(4GB//Day)」の月額料金は4,280円(税別)で、2020年10月31日までに申込すると、月額800円を永年割引する。割引後の月額料金は3,480円。

THE WiFiの新プラン提供開始に関するプレスリリースは以下にて。

モバイル WiFi ルーターサービス「THE WiFi」の新プラン提供開始に関するお知らせ(PDF)

少々長くなるけれど、THE WiFiの容量無制限プラン受付終了に関する経緯が記されているので引用して紹介。

「THE WiFi」については、これまで弊社では、2020 年 3 月のサービス提供開始以降、クラウド SIM を利用したデータ通信容量無制限のモバイル WiFi ルーターサービスとして提供を行ってまいりました。
しかしながら、2020年4月には新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言が発出され、外出自粛やテレワーク化推進がなされる等、様々な社会情勢の変化による影響等により、トラフィック(通信量)の総量が急増したことに伴い、確保したリソースが需要に追い付かず一部のユーザーにおいて通信速度の低下が生じる状況となっておりました。現在においては、ピーク時間帯においても概ね一定の速度でのデータ通信が出来る状態であることを確認しているものの、このような状況も踏まえ、今後より安定的かつ恒久的にサービスを維持し、お客様間の公平性を担保したサービス提供を行っていくことを目的として、2020年8月26日正午以降お申し込みいただくお客様につきましては、新たに設けた下記の2種類のプランでのお申し込みの受付とさせていただきます。

MVNOの容量無制限をうたうプランの提供または新規受付終了の流れは他社も同様で、「どんなときもWiFi」でも、無制限プランの提供を終了し、契約者に対しては代替プランとしてホーム+モバイルの2台持ちプランを提案する方針。

「どんなときもWiFi」無制限プランの提供を終了、代替プランは「ホーム+モバイル」の2台持ち
株式会社グッド・ラックは、「どんなときもWiFi」の無制限プランを2020年10月31日に提供終了することを発表した。 無制限プランは既に新規申し込みを受付終了しており、10月31日をもって契約中のユーザーへも提供を終了する。 どんなときもWiFiの公式アカウントによ...

モバイル回線での容量無制限サービス

自宅の固定回線代わりに使えるモバイル回線として、エリア内や高速データ通信の容量の範囲内であればある程度信頼ができるサービスとしてあげられるのは、以下の3つのサービス。

・ドコモ5Gギガホ
→月間100GBまで、キャンペーンで無制限。全国エリアの4G LTEも(キャンペーン期間中は)無制限。

・WiMAX 2+
→直近3日間で10GBを超えると18時〜26時に速度制限の対象になる。
WiMAX 2+エリアは都市部が中心なので、郊外エリアでは厳しい。

・Rakuten UN-LIMIT
→自社エリア内で1日10GBを超えると最大3Mbps程度に制限。
自社エリアはWiMAX 2+よりも更に狭く、中心都市がエリアの中心。

「試してみる」という意味では、月額料金(通常2,980円)が1年間無料になるキャンペーンを開催中の楽天モバイルがお手軽。「容量無制限」とする自社基地局接続時の通信が1日10GBを超えると通信速度制限の対象となるものの、制限が割と緩めの3Mbpsなので、制限が適用されても実用的な速度で使える。ただし、自社エリアが限定されることと、他キャリアと比べると通信障害などは割と多い点は割り切って使う必要がある。

楽天モバイルの申込は以下にて。