ドコモ、5Gルーター「SH-52A」向けにソフトウェア更新(8月31日付)

スポンサーリンク

ドコモは、5GのSub6/ミリ波に両対応するモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」向けに、2020年8月31日付けでソフトウェア更新を提供開始。8月31日付けの更新により、ソフトウェアバージョンは「38JP_1_11L」となる。

アップデートの内容は「より快適に利用できるように品質を改善」とされており、その詳細については不明。

SH-52Aは、有線LANポートを使って別のWi-Fiアクセスポイントと接続して使うと、発熱量がかなり大きくなり、ハンディタイプの扇風機など何らかの冷却システムを導入しないと、通信が安定しない状況が発生するので、この現象が少しデモ改善していたら嬉しいところ。(通信環境が良い場所を選ぶと、直射日光があたりやすい窓側に設置するケースがあるので…。)

Wi-Fi STATION SH-52Aのアップデートに関する情報は以下。

Wi-Fi STATION SH-52Aのソフトウェアアップデート | お客様サポート | NTTドコモ

アップデート内容
改善される事象
より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。

「Wi-Fi STATION SH-52A」のドコモオンラインショップ販売ページは以下にて。
Wi-Fi STATION SH-52A – ドコモオンラインショップ