iOS 14/iPadOS 14、MACアドレスを仮想化する「プライベートアドレス」、デフォルト有効

スポンサーリンク

Appleは、iOS 14/iPadOS 14/watchOS 7で、接続先のWi-Fiネットワーク毎に異なるMACアドレスで接続する「プライベートアドレス」機能を追加。同機能はデフォルトで有効になっている。(OSアップデートを行うと、ユーザー自身で設定変更をしなくても有効になる。)

■iOS 14で「プライベートアドレス」機能に対応
iOS 14で「プライベートアドレス」機能に対応

「プライベートアドレス」は、接続するWi-Fiネットワークごとに異なるMACアドレスを利用することで、MACアドレスを利用したトラッキングを防ぎやすくする機能。

物理的なネットワークインターフェイスのMACアドレスとは異なるアドレスを生成してWi-Fiネットワークに接続する。

このため、接続可能なデバイスをMACアドレスで管理するMACフィルタリング等を設定しているネットワークでは、そのネットワークに対してデバイス側が生成するアドレスを許可する必要がある点に注意。

「プライベートアドレス」で生成されるMACアドレスは、設定>Wi-Fi>詳細(情報アイコン)で確認可能。

プライベートWi-Fiアドレスに関する紹介(Apple)は以下にて。

iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 でプライベート Wi-Fi アドレスを使う – Apple サポート

こうしたプライバシーのリスクを軽減するため、iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 では、各 Wi-Fi ネットワークで違う MAC アドレスを使います。この一意の静的な MAC アドレスは、デバイスがそのネットワークに限って使うプライベートな Wi-Fi アドレスとなります。